第二章 真実の探究

 

 望み通り出家したシッタッタ王子は、アヌピヤアムパワンというマンゴーの森に滞在し、出家の満足と幸福を味わって七日間の断食をした。

 豪華で贅沢な生活を捨てた王子は、粗末な布や人が捨てた糞掃衣と呼ぶ布を身にまとって木の根元で寝起きし、ビンタバータ(托鉢)といって庶民から食べ物を貰って食べ、病気の時は何処にでもありふれたもので治療をした。本当の出家は自ら「質素な生活が最も幸福な生活であり、何も心配がなく、あまり要求欲がない。世界中の人がこのように簡素な生活をするなら、奪い合いや苦しめ合いは決して起こらない」手本になるために質素な生活をした。

 ほとんどの人間は自分の財産や物をたくさん所有することで幸福でいられると理解しているが、出家者たちは正反対に「みんなが必要最小限の自然な欲だけしかなければ、みんな一緒に幸福に暮らすことができ、人間の必要最小限のものは手近にある」と説明して理解させようと望んでいる。

 シッタッタ王子が貧しい村人から貰った初めての食事は、宮殿で食べた最後の食事と比べると、出家の生活について考える常自覚がなければとても喉を通る物ではなかったが、人間の体内にもこの食事のように不浄なものがあると自然の真実を熟慮して、厭うことなくその食事を摂ることができた。

 シッタッタ王子はマガタ国の都、ラージャガハを目指して南下した。当時のラージャガハにはいろんな教義の教祖が集まって自分の教義を説いていたので、それらの教祖の最高の幸福に到達する方法を学ばなければならなかった。

 ある朝ピムピサーラ王は、見たことがない優雅な態度の僧が托鉢の列に混じってラージャガハの都に入り、人々が騒めいているを見て、遣いをやって調べさせると、元サキヤ族の王子で、多くのバラモンや哲学者たちから「大悟してブッダになる。さもなければ世界を治める大王になる」と予言されていた人が、今は出家してラージャガハの都に托鉢に来ていると分かった。

 ピムピサーラ王はシッタッタ王子の居所である山の上の樹の下を訪ね、サキヤ族の家系や出家した理由について質問し、その答えに満足して領土の半分を分け与え統治させると誘ったが、シッタッタ王子は、自分は素晴らしい真実を探している途中であり、それは極楽の玉座より素晴らしいものですと説明した。

 ピムピサーラ王はシッタッタ王子の説明に賛同し、その真実を知ったら自分にも教えてほしいと言った。

 シッタッタ王子は、多くの人から敬されている有名な仙人であるアーラーラとウダカの弟子になり、その二人の説く教義を順にすべて学んだ末、本当に苦を滅す道ではないと考え、二人の元を去った。

 その後マガタ地方のウルヴェーダー村セーナーニカマへ行き、全裸で立ち続け決して座らない、刺の上を歩く、刺の上で寝、水浴をしない、人と会わない、呼吸を我慢する、ごく僅かしか食べないなど、心を苦から脱出させると評判の数々の苦行を試みると、極度に体が痩せ細り、残るのは骨と皮だけになった。

 ゴーンダンニャ、バッディヤ、ヴァッパ、マハーナーマ、アッサジという五人の修行者は、バラモンたちの予言を聞いたことがあり、王子が苦行をしていると知ると、王子が悟りを開いたら自分もその真理を知る機会が得られると期待して、弟子になってその時を待った。シッタッタ王子は、誰もこれ程まで自分を苦しめることはできないと明らかに見えるまで様々な苦行をしたが、このように体を苦しめることは苦しいだけで、心の進歩は何も得られなかったので、悟りは別の方法にあるに違いないと考えた。

 シッタッタ王子は、子供の頃父王が執り行った始耕式の時のことを思い出し、幼い王子は涼しいフトモモの木の陰に座り、罪である考えが静まって非常に心の幸せを感じたので、心が静まることが苦に勝つ道に違いないと考えることができた。

 そこでシッタッタ王子は「普通に経過する幸福を恐れるべきでない。その種の幸福は空腹で衰弱した体では到達できないので、体が求める食事をしならない。それから心を鎮めて深い真実を探究する力をつけるために、心を静めて幸福になる訓練をすべきだ」という新しい考えが生じた。

 王子は以前のような健康な体を取り戻すために、ご飯や果物などがある食事を始めた。王子が厳しい努力を止めたのを見た五人の修行者は、王子は最高の真実を探究することはできないと見て去って行った。

 紀元前五八八年陰暦六月の満月の朝、ウルヴェーダー村セーナーニカマの村長の娘スジャダーは、牛乳と砂糖で炊いたマトゥパヤーサという飯を樹の精に供えるために森へ行くと、そこに堂々と座っているシッタッタ王子の姿が見えたので、持っている飯を献じ、王子はマトゥパヤーサを残さず食べた。スジャダーが献じたマトゥパヤーサは、シッタッタ王子が大悟する日の食事である。

 その日の夕方、ソーダティヤという男が萱を運んで近くを通り掛かって萱を八束献じたので、王子は大きな菩提樹の根元の東側に敷き、萱を敷いた台座に座ると東の方向を向いて「たとえ血肉が干乾びて骨と皮だけになろうとも、大悟するまではこの萱の台座から立ち上がるまい」と決意して、真実の探究を始めた。

 シッタッタ王子が真実の探究を始めると、善の敵であり悪魔に譬えられる欲望と呼ばれるものが生じて心を混乱させ、王子はそれまで積んできた波羅蜜(善)について考え、日没前に悪の考えに勝つことができた。それから王子は、子供の頃の始耕式の時のように心を集中させ、苦に勝つ方法について考えた。

 初更(夕方六時から九時まで)には、難行苦行をしたこと、王宮を出たこと、老人や病人や死人を見たこと、王宮での幸福な生活、前世でヴェッサンダラとして生きたこと等々半生を順に逆行して考えた。

 中更(夜九時から十二時まで)には正しい見解による善い行いをした動物、あるいは人間は幸福に生きるという、カンマ(業)の法則について熟慮し、三更(〇時から三時まで)には、互いに依存しながら鎖のように次々に連なって生じる道理のある縁起の原則について次のように熟慮した。

    老いと死の原因は何か。     誕生である(生)

    生まれることの原因は何か。   存在である(有。または三界)

    存在の原因は何か。       執着である(集)

    執着の原因は何か。       欲である。等々

 王子は根源について熟慮し、すべてのものの状態を真実のままに明らかに見えないこと、つまり無明であることを発見した。

だから苦を消滅は、欲望と無明を消滅させることで生じ、人にすべての状態の真実を明らかに知る智慧が生じれば、欲望もなく執着もないので苦は消滅する、と。

 王子は「数えきれないほど輪廻を繰り返して来たが、欲望が苦の家の建築者とは気がつかなかった。だからいつの生にも苦があった。欲望よ。今私はお前を見つけることができたので、今後苦の家を建てさせはしない。お前が建てた柱も屋根も、私は壊してしまった。私の心は欲望の終焉に到達した」と感嘆した。

 夜明け前にシッタッタ王子は大悟し、つまり欲望が苦の原因であることを発見し、あるいは聖諦(素晴らしい真実)と呼ばれる欲望を消滅させて苦を滅す方法を発見した。紀元前五八八年、陰暦六月満月の朝、ガヤー村(現在のブッダガヤー)のネランジャラー河のほとり、菩提樹の木の根元に萱を敷いて東を向いて座してのことだった。

 ブッダとは「真実が明らかに見える知識、目覚め、明るいという意味で、正式にはサンマーサンブッダと言い、自分の力で悟った人という意味で、阿羅漢サンマーサンブッダとも言う。

 真実が明らかに見え、心が欲望のない純潔に到達した人を阿羅漢と言い、煩悩のない純潔な人という意味である。

 


ホームページへ                                               次へ