信仰の十の原則

 

この教えは、誰かの教えや話を聞いた時どれくらい信じたら良いかという問題が生じた時、誰もが自分で納得して信仰できるよう説いたカーラマ経と、その他の経典にもあります。

 「ある修行者たちが教えるのと、別の修行者たちが教えるのは内容が違い、いろんな集団にいろんな教えがあって、誰を信じて良いか分からないで困る」と質問した人がいたので、ブッダはそれらの人々に信仰するための教えを話しました。

内容は、

1.みんなが言っているからと言って信じてはいけない。

2.長い間伝承されているという理由で信じてはいけない。

3.評判になっているからといって信じてはいけない。

4.経典にあるからといって信じてはいけない。

5.理論に合っているからといって考えて信じてはいけない。

6.哲学的に推測して信じてはいけない。

7.状況から常識的に判断して信じてはいけない。

8.自分の考えと一致するからといって信じてはいけない。

9.話している人が信用できそうだからといって信じてはいけない。

10.その出家が自分の師だからといって信じてはいけない。

しかし、これらの教えを実践したらどんな結果になるか、自分や他人の結果を見て、苦しく困難になるようなら、その教えを実践するべきでなく、自分や他人が困難にならず、平安で発展するようなら、その教えを実践するべきです。

例えば貪りや怒りや愚かさを捨てるべきかどうか、というような話は、聞いた人が自分で良く分かるように熟慮して、貪りや怒りや愚かさは苦をもたらすか平安をもたらすかがはっきり自分で分かり、貪りや怒りや愚かさは苦しいものなので捨てなければならないと分かったら、教えに従って捨てます。

熟慮しても少しも分からなければ、教えを実践せずに、とりあえず待ちます。熟慮して分かったら、分かった分だけ教えを実践し、冒頭で述べた項目の理由で、鵜呑みに信じて言われるままに実践じてはいけません。

 この教えは、仏教には、信仰に最高度の自由があるということを表しています。自分の信じることが、実践し、本当の結果を出す方向になるように管理するものとして、知っておくべきです。

 みんなが言っている、というのは、伝統など言い伝えられていることという意味です。

 言い伝えで行われているというのは、何も理由を考えずに伝承されて行われているという理由で、猿マネと言われるようなことです。

噂に乗ってというのは、その時評判で持ちきりになっている驚異的なことという意味で、経典の引用というのは、経典、あるいは三蔵でも、引用する根拠があるという意味です。

勝手に考えてと、自分で推測してと、状況を判断しての三つは、非常に似ていいます。重い順に言えば、勝手に考えるという言葉は一般人の習性として、ほんの一時しか理論を使わないことを意味します。

推測という言葉も同じですが、厳密に比較すれば、智慧のある人の習性で、状況で判断するというのは、理論で、あるいは表面的に現れている環境だけを理由にすることで、推測より綿密です。

自分の見解と一致するというのは、自分の考え方と合う、あるいは自分が前から支持している教義と合うという意味で、話し手が信頼できそうとういうのは、話す人が学者だったり、思想家だったり、そこへ行ったことがある年配者などで、誰もから信頼されているという意味です。

その修行者を自分の師と見なして、という言葉は、そのまま自分の先生という意味です。

 

参考

もっと詳しい説明の講義    http://buddhadasa.hahaue.com/kouhuku/sanzou.html

 


ホームページへ                                           目次へ戻る