人としてどう生きれば黒字か

 

 私は人間同朋のみなさんに、みなさんが彼らのような人でなく、私のようなら、私たちはどうすれば赤字にならないか、という問題を考えていただきたいと思います。毎日人として生きるのにも、投資しなければならないのかと聞き返す人がいるかもしれません。一般に見られるのは教育への投資、商売への投資、あるいはそのようなものへの投資ばかりで、人であることに投資する人は見たことがありません。

 私は、人のすべての動きは、行動も、行動の結果を受け取ることも、すべて人であることへの投資だという考えがあることを、お詫びしなければなりません。私たちは労力を投資して輪廻を駆け回わり、投資して人に生まれ、生きるために投資しています。

  笑って泣いて、満腹し、空腹になり、愛し、悲しみ、夢中になり、無気力になり、風呂場へ行き、トイレへ行き、病気になり、快癒して、最後に再び生まれるために死ぬまで、これらのすべては、知るために学び、そしてその後は今までのように輪廻を駆け回わることに懲りて、恐れを感じるための投資です。

私は、行為も、行為の結果を受け取ることも、善いことも悪いことも、すべては私たちがそうするよう、そうなるよう、自然に強制されていると見ています。これらの法則より上に行くこと、つまり涅槃に行くことができる人になるために学ぶ投資です。「人間」になってみることで投資しなければ、際限なく「人」(あるいは動物)でいければならないことから抜け出す知識はありません。私たちは学んで知り、試験をして、その後人でなくてもよいレベルに到達するために、人であることに耐えることを投資します。

 すべて学習課程を満たした人でない限り、つまり赤字でない、儲けのある人でない限り、再び生まれなければならないので、死は、この項目にとって何の救いにもなりません。別の言い方をすれば、自分が人であることを超えられるまで、十分人であることを体験することで、人であることを学びます。私たちは、どんな事態が生じても苦を知らない人になることで、日常的に儲けのある人になり、そして最終的に、二度と苦が生じない境域に到達することで、圧倒的な儲けがあります。

 生まれてきて働いて、成功して豊かになり、名誉と財産で幸福を増やして、それでも人として赤字と言うのかと、質問する人がいます。私は、幸福を増やす豊かさは、投資の一つ、あるいは人であることの投資の一部分にすぎないと答えます。つまり、それらも苦の行動と同じように仮のものである、と学んで知るための投資で、それを正しく知れば、人間であることが増え、純潔と明るさと平安の、あらゆる面で完璧な人になります。

だから幸福を積み上げる豊かさは、まだ投資でしかなく、結果である儲け、人であることの儲けではないので、元手を儲けのように使ってしまえば、財布はスッカラカンになってしまい、そして地に伏して泣かなければなりません。信じない人は、幸福を増やす豊かさを、人生の儲けとして使って、あなたの「人であること」をどんどん取引して見れば、自分で見えます。

法施図書室にて

1943年3月19日


ホームページへ                                          短文目次へ