自分で見えるものを信じる

 

 みなさんはすぐに、「肉体が生まれて、死んで棺に入り、そしてまた生まれる話」は、滅苦の糸口ではないと言って、ブッダが話そうとしなかった話題だと、自分で見ることができます。なぜなら質問者が質問した時、回答者が話しても、質問者は自分自身で見ることができないので、話した人、教えた人の話を信じることになり、二度愚かになるからです。

まだ理解できないと、また質問し、教える人が教えるので、聞いた人は、次々に教えた言葉を信じる愚かな人にならなければなりません。死んでからどう生まれるのか、同じ人なのか、善や徳は本当に持っていけるのか、目で見えないからです。それは「生」の意味ではないという、仏教の非常に重要な話で、何度質問しても、どんどん離れるばかりで、滅苦の話をする術がありません。そして質問者は、次々に教える人を信じなければならないので、終わりがなく、何の利益もありません。

 ブッダは、もっと必要な話、重要な話をすると言いました。つまり今生まれいることは苦であり、そしてどうやって滅苦をするかという話をしました。死んで生まれるか生まれないかという話はしないでください。それは先の話で、生まれている今ここが苦か苦でないか、もし苦なら、どう苦を無くすかを話します。

ブッダは「私、私のもの」という執着が苦と、見えるように説明しました。少し話すだけで、聞いた人は理解できたので、ブッダを信じる必要はなく、自分を信じるだけでした。ブッダも「私を信じてはいけない」と繰り返し言い、サーリープッタもブッダの面前で、「タンマに関してはブッダを信じない。自分自身を信じる」と宣言しています。

仏教のタンマの場合は、自分で見えることを信じなければなりません。だからブッダは、「俺、俺のものと執着することは苦である。そして生まれるとは、『俺の生』という執着がある時に生まれて苦になること」と教え、その人が自分で見えるように、説明できました。

 「俺、俺のもの」という執着は苦だと見えると、その後、その「俺、俺のもの」という感覚はマヤカシであり、本物ではないという次の段階を説明しました。つまり接触と呼ぶ形を見、声を聞き、臭いを嗅ぎ、味を味わう時受が生じ、欲望が生じ、そしてそこで取が生じます。それにしばらくの間だけで、このように一時的なものです。本当には「俺、俺のもの」はありません。それは勘違いで、形を見、声を聞き、臭いを嗅ぎ、味を見、接触し、あるいは心で考えた時に、無知あるいは無明から生じた執着です。

ブッダはこの点を、「自分は無い」と聞いた人が、あるのは、説明したようにエゴイズムとして生じる、「俺」という誤解だけと、自分自身で見えるまで繰り返し教えました。しかし以前は心に生じて、それを自分と執着していました。

本当には「俺」はなく、あるのは無明がある心だけで、それはいつでも必ず「俺」と感じます。知性があれば、つまり空ならばいつでも俺はいません。どちらが真実で、どちらが真実でないか、俺のない心が本物だと、その人自身で見ることができます。だからその人は「俺が無い」と見える人になります。

俺がいなければ、誰が死に、誰が生まれるのでしょうか。だから最初の「死んだ後生まれるかどうか」という質問は、最高に愚かな問題で、問題にならないので、消えてしまいます。「死ぬ人も生まれる人もいない」と自分自身で答えるだけで片付くからです。死んで棺に入ってまた生まれる、肉体的な生はなく、あるのは変化させるものによって変化する心だけ、俺、俺のものという執着があるだけです。

この項目を明らかに知り、この真実が見えれば、それを根絶させることができ、「俺、俺のもの」というものはないので、話は終わりです。残るのは空っぽの心なので苦はなく、「俺、俺のもの」という気持ちが浮上して来ることはありません。だから「死んだらまた生まれるのか」という問題は生まれません。

 何でも自分で見ることができます。ブッダが「生老病死」と言ったのはどういう意味かは、急いでこれらを残らず消滅させて、生まれて来ないようにしてしまえば、話は終わり、先の世について話す必要はなく、現世について話す必要もなく、過去世について話す必要もないので、今、現在の話だけを話します。

 急いで勉強しなければならない「今ここ」を理解して、「俺、俺のもの」は無いと理解すれば、この体、体と心でできているこの個体は、子供も大人も年寄りも、「俺、俺のもの」が無い清潔なものにすれば、苦はありません。

パーリ経典には、たった十五才で阿羅漢になった人の話があります。非常に珍しく、圧倒的多数は、年をとってから阿羅漢になった人ばかりです。なぜならいろんな経験をして、自分で明らかに見えるようになるからです。つまり精神的な明るさがあり、常に spiritual experience と呼ばれる話になっているからです。この精神的経験は、肉体的、物質的な経験ではなく、精神的に経験したこと、その味はどうかを心で知ったこと、深い精神で知ったことです。

私たち人は、生まれてから死ぬまでの間に、こういうもの(精神的体験)に数え切れないほど遭遇します。賢い人が観察すれば、それらは最高に利益があり、いつでも、「俺、俺のもの」と呼ぶものはないと教えているので、間もなく「ブッダが一言つ突いただけで阿羅漢になった」という類の知識が十分になり、ブッダと何分も会話をしないで阿羅漢になりました。

これは同じことの結果、つまり、特にみなさんが最初に理解しなければならない重要な言葉である「苦」、あるいは「生れることは苦」ということを正しく理解したことの結果と言います。


ホームページへ                                                                                                  目次へ戻る