今ここでの涅槃

 

 さて次は、「今ここでの涅槃」について話すのがいいです。なぜならこれは、これ以上罵りようがないほど私が罵られる話題だからです。彼は死んで生まれて、死んで生まれて、百世、千世、万世、十万世も後に涅槃に入りたいのに、私が「今ここで涅槃を成就させる」と言うので、私が「今ここに涅槃がある」とするので、彼は怒ります。彼の利益を損ねるのかどうかは知りませんが、彼は「今ここでの涅槃と言って人をだます」と、あるいは「今ここでできるので、涅槃の価値を下げる」と非難します。

 

彼は何万世も、何十万世も先にできると信じさせます。それなら非常に価値が高いですよ。今ここでできると簡単なことになってしまうので、彼は反論して非難します。構いません。こういう人たちは要りません。私が涅槃の利益を得てもらいたいのは、一般の人です。心が涅槃に到達するには、取を捨てなければなりません。

「取が生じている時は涅槃はない」という教えがあります。つまり心が何かに執着している時、心が何かを自分と執着している時は涅槃でなく、心が何にも執着していない時、その時が涅槃、現世での涅槃です。

あるお話をします。熟慮熟考する勉強家の人たちがいました。すべて在家で、僧はいませんでした。インドラ神や清信士やお金持ちもいて、彼らはブッダに「なぜ人にはディッティタンマの涅槃がないのですか」と質問しました。つまり、「人はなぜ、今ここで、自分の根の感覚で、涅槃に到達しないのですか」という意味です。ディッティタンマとは「自分の心の感覚」という意味です。なぜ人は今ここで自分で感じる類の涅槃に到達しないのでしょうか。

 ディッタデーヴァ タンメー=自分で見えるタンマ、つまり今自分が感じている感覚であり、死後ではありません。死んだ後、感じることはできません。感じられるのは今ここです。ブッダは、「そういうものだ」と答えました。つまり目・耳・鼻・舌・体・心の話を、概要も細部も、一つ一つ説明しました。目が初めに形を見て、目が見た形はイッダー、非常に望ましいものという意味ですが、カンター、魅惑します。カンターはタイ語になってカーンダーになりました。カンターは非常に魅力的です。

マナパー、非常に満足する。ピヤルーパー、愛らしい状態の。カームーパサンヒター、愛欲の基盤。その種の形は、愛欲が入り込んで住む所で、ラチャニヤ、心を染め、その形は、「イッダー カンター マナパー ピヤルーパ カームパサンヒター ラチャニヤー」です。その形は愛らしくて必ず気に入り、魅力的なので愛欲が入り込んで住み、そして心を染め、非常に心を捕えます。その形はそういう状態なので、その人が見て喜べば、褒めちぎり、褒めちぎるとどうか、考えてみてください。

それが気に入れば、美味しければ、唾を啜る音を立てて、アピヴァダティ、狂人のように褒めちぎります。それが美味しいから、美しいからです。そしてアッチョサーヤティッティ、そこに心を埋めます。聞いているだけでなく、非常に美しい実物を想像してみてください。非常に夢中になり、非常に満足したと口で表現し、心はそこに埋もれます。つまり身体も言葉も心も、それに溺れます。これを、その人は惑溺して褒めちぎり、陶酔して埋もれると言います。

 その人の識は、それらの煩悩が入り込んで住んでいる識で、煩悩、つまり愛、惑溺、欲情が、その人の心に、その人の識、その人の心に入り込んで住んでいます。心に煩悩が入り込んで住むことを、取と言います。美しい、女性、男性、何とでも執着すること、そして俺、俺ののため、俺のもののためと執着することを取と言います。識に煩悩が入り込んで住み、煩悩が心を捕えれば、心はその感情に埋もれ、これを取と言います。取のある人は、自分の感覚の涅槃になりません。つまりディッタタンマの涅槃になりません。

次に反対のものを比較してみると、形が可愛くて魅力的で愛欲の基盤なら、心を染めます。その人、あるいはその比丘に十分タンマがあり、知性があれば、「それはそれだけだ。そういう自然の現象だ」と見て、愛らしさも、「それは人が可愛いと感じると仮定したこと」と見ます。

そして、もっと深く詳しく、「無我であり、苦である」と見ることもできます。この人に知識が十分あれば、どんな勉強をしてきたか詳しく言いませんが、この人には十分知識があり、十分知性があるので、迷って惑溺せず、迷って褒めちぎらず、心も埋もれません。

このようなとき、識あるいはその人の心には、煩悩は住んでいません。煩悩はその心に入り込んで住むことができないので、取はなく、取が無い人はディッタタンマ、今ここでの、自分の感覚の涅槃です。取と呼ばれるものが重要です。ノートに書き留めておくだけ、あるいは聞くだけにしないで、それでは十分でないので、自分に本当にある取を知ります。

誰にでも、愛欲の基盤である形に、愛欲の基盤である声に、愛欲の基盤である臭いに、愛欲の基盤である味に、愛欲の基盤である触に、心の中の愛欲の基盤である気持ちあるいは識に、本当に取があります。

ブッダが言っているように、ほとんどは異性に関するもの、すべて異性のことばかりです。異性に関わる形・声・臭・味・触・考えは、何より心を捕え、何より取の基盤で、女性は男性に、男性は女性に、それが取です。六根から強烈な威力が生じるので、みなさん、言葉を見ないで本物を見てください。私たちの心に本当に生じる本物を見れば、取を知ります。

取があると、心が火で燻されているように、突かれるように、刺されるように、焼かれるように、炙られるように、縛られるように、包まれるように、何でもされているようで何と表現したら良いかわからないと、取を知ります。取があれば涅槃はありません。つまり空でなく、冷静ではありません。心が自由なら、心は空で冷静です。

 取が生じる前に、間に合うように触と受を管理しなければなりません。夢中になって褒めちぎらないように、あるいは酔って埋もれないように、触れて来るものを管理できれば、今ここでの涅槃です。それだけです。あなたにできれば、この涅槃の話は本物です。話すだけ、ただ話しておくだけでなく、誰も騙しません。涅槃を知ることで、みなさんは本当の仏教教団員になり、そして涅槃があるようにし、涅槃の味を味わうことができます。

だから目・耳・鼻・舌・体・心に触れてくるものと闘い、勝つことができます。その奴隷になり下がることがなければ取の捕縛がないと言います。その時は涅槃、つまり煩悩がなく、そして素晴らしい心の自然である涼しさです。これが今ここでの涅槃です。

反論するなら、何万世も,何十万世もバーラミー(最高の目的を成就するために必要な善。波羅蜜)を積んでもいいです。感情の中に俺が一回生まれると、それを一世と呼ぶので、一か月で何百、一年で何千、何万、二十年、三十年で何十万世も生まれます。十分です。それ以上多くしないでください。

懲りなくてはいけません。これで、棺に入るまでに何万世もバーラミーを積むことができるので、反論しませんよ。何万世も何十万世もバーラミーを積まなければ涅槃できないと彼が言う教えを、私たちはこのように実践できます。しかし彼のは宙に浮いてしまいます。

彼は万回も十万回も棺に入るのを待たなければならないので、そのうち忘れてしまいます。十万回も棺に入ると、話すのが億劫になって消えてしまいます。私のは棺に入る前に、俺の生死を何十万回も繰り返します。つまり矛盾しないということですね。何十万世もバーラミーを積んでから涅槃するのは、正しいです。

しかし私はいまここ(現世)で、十万世を作ることができ、その後懲りて煩悩を生じさせない賢い人になります。つまり十万世の間ずっと、煩悩を生じさせないようにします。隋眠(本性の中に眠っている煩悩)がどんどん減って、そのうち無くなり、煩悩が生じられなくなれば、それが完璧な涅槃なので、みなさんが一回感覚を管理できれば、それは一回バーラミーを積んだことです。

心を感覚のままに放置すれば、隋眠が増えて蓄積され、心を管理できれば、「俺はお前と付き合わない」になります。心をこのように管理できれば、一回ごとに隋眠が減って行き、幾らもしないうちに無くなります。隋眠は基盤土台がないので、煩悩を生じさせる元金がなくなれば、それが完璧な涅槃です。取が減るように注意すれば、段階的に涅槃に到達します。

 これは日常生活について話しています。日常で煩悩を生じさせ増やしているので、絶滅させる話も、日常の問題でなければならないので、日常のことと捉えなければなりません。惚れて溺れて褒めちぎり、酔って埋もれないで、煩悩が心に住みつかないようにし、取がなければ、今ここでのディッタタンマの涅槃です。これが涅槃の話です。

 最後に「涅槃はただで与える。お金は要らない」という言葉について、少しお話します。ブッダは、『誰にでもただで与える。誰からもお金は取らない』と言いました。涅槃に、あるいは何も報酬を求めないブッダに感謝したくなります。注意して取を生じさせなければ、自然に涅槃になります。難しくはありません。不可能ではありません。その上お金をとられず、棺に入る前にできます。

 だから私は、『死ぬ前の死は涅槃』という、新しい言葉を言います。私もある老人から聞いた言葉で、誰が言ったのか忘れてしまいましたが、「極楽は胸に、地獄は心に、涅槃は死ぬ前の死にある」と続いています。

私たちの先祖はすごいです。「極楽は胸に、地獄は心に」あります。昔から言てわれいるように、地下にある、空の上にあると言いません。涅槃は死ぬ前の死にあるというのは、一日に何回も生まれる俺をすっかり死滅させることで、この体は、後で死んで棺に入ります。これは非常に「今ここ」を表しています。体が死んで棺に入る前に、取の「俺、俺のもの」を死滅させること、それが涅槃です。つまり死ぬ前の死は、今ここででき、そしてただで貰えます。お金は取られません。

まだいらない人はどれほど愚かか、考えてみてください。私は非難される話をしました。私が「今ここでの涅槃」と言うと、すぐ罵られます。でも変えることはできません。非難するなら、してください。このように真実で、ブッダの言葉に根拠があるので、このように誠実に検証することができます。

そしてこのように明らかに見えるので、サンディティコ(法の六徳の一つ。成就した人は自分で見ることができるので、他人から聞く必要はないという意味)です。涅槃はこのような状態を維持しているので、今ここで涅槃と、このようだと話します。

後でもっと学習し、仏教の知識を十分にします。初めに言ったように、低いのから最高のものまで、必要な話だけ、幾つもない要旨だけを集めてお話しました。涅槃の話は何か月も話すことができますが、要点だけ、教えである主題について一時間余りお話しました。今ここでの涅槃、そして何が涅槃を生じさせない原因か、何が涅槃を生じさせる原因かも話さなければならないので、当然関連している他の話もしました。

 「涅槃は不可能だ。涅槃には利益がない。涅槃は面白くない。涅槃は何万回、何十万回も死ぬまで待たなければならない」と言うのは止め、今ここでの涅槃にすれば、本当の仏教教団員であり、本当の涅槃があり、本当の仏教、つまり涅槃のある仏教があります。本当の仏教教団員は、涅槃について知っています。これで講義を終わらせていただきます。 


ホームページへ                                                                                                目次へ戻る