本当の悪魔

 

 だから、「たくさん勉強した。たくさん本を読んだ。たくさん考えた。何でもたくさんした。弁が立つ。信用がある」と自慢しないでください。どうしようもありません。ここ試してみなければならないので、悪魔も役に立ちます。彼ら(西洋人)が描くようなバカらしい、人を騙しに来るお化けではなく、悪魔はタンマの一部です。悪魔はどこかに捨てて、すべてのタンマ(あらゆるもの。一切諸法)という言葉に含まれない、ということはありません。すべてのタンマの他には、何もありません。

 だから人を試しに来るものが悪魔で、タンマと呼ばれるものの一つですが、本当に上達したか試す人、間違いを犯すよう誘惑する人として現れ、本当に上達していれば、どんなに誘惑しても過ちを犯さないので、悪魔は消滅して普通のタンマ(もの)になります。現代は、悪魔は神様と闘う敵と、バカバカしい間違いを教えます。そう教えることは最高に愚かだと、私は言います。

神様は人を試すために、試験するために悪魔を遣わすので、悪魔よりも愚かでない時は、神様の人として使い物になります。悪魔は神様の道具で、恐ろしい、嫌らしい、お化けの姿の絵を描くのはバカです。悪魔は絶対に可愛らしく魅力的で、一目惚れさせるような容姿でなければなりません。そして試すために現れるから、人が怒ることができます。あるいは怒り、貪り、迷うのは、非常に魅力的だからで、醜ければ何も起こりません。非常に魅力的な状態で現れるから溺れます。

 今は「悪魔とは何か」も知りません。敢えて言いますが、キリスト教の人たちも、悪魔とは何かを知らず、違うものと理解しています。神様が人を試す道具が悪魔です。私たちにはタンマだけで神様がいないので、悪魔は試すために来るタンマです。ブッダを妨害しに来た魔王と呼ばれるものは、神様がシッタッタ王子を試すために寄越しました。本当のブッダかどうか、ブッダを試すために現れ、本当のブッダになったので、悪魔はタンマに戻りました。

 すべてのタンマという言葉には、悪魔も含まれます。しかし私たちは悪魔と呼び、悪魔には罪があると、いつでもそう言います。悪魔には罪があります。罪とはタンマ、罪の側のタンマで、罪のタンマが人間を試しに来ます。簡単な科学のように言えば、時々浮かんで来るどうしようもない考えで、シッタッタ王子のように、「家へ帰ろうか、どうしようか」と逡巡する時、悪魔は、「家へ帰りなさい。家では、妻子が愛着で偲んで大騒ぎだ」と 囁きます。

だから闘って帰るのを止めると、悪魔は消え、そしてブッダはブッダになりました。どうしようもない考え、悪が一時割り込むこと、これが悪魔です。罪のある悪魔は、晩年にも、「涅槃しなさい。教えに行ってはいけない」と言いました。ブッダが、「まだ人間はタンマを知らないので、私はまだ涅槃しない」と言うと、三か月後に涅槃するように悪魔が言い、ちょうどいいのでブッダは、「今から三か月後(に涅槃する)」と言いました。

 広い意味でタンマと呼ぶもの以外には何もありません。そしてこのタンマは、正しい側のタンマと誤りである側のタンマ、俺の側のタンマと俺のない側のタンマです。俺の側のタンマなら、不善なので非常に大変です。そのタイプの真実、正しさ、美、正義は呑み込めないので、「俺、俺のもの」がない側のタイプでなければなりません。そうすれば可愛らしさがあり、尊重でき、尊敬できます。

苦はいつ始まるかを見てください。間違った善悪を知った時に始まります。善悪を知ると自分に執着し、俺がいて傲慢になり、「目には目を、歯には歯を」つまり「公正」になり、その人は間違って善悪を理解しているので、後で正しく善悪を理解すると、どうしようもなかったと感じます。何もいらないのが公正、つまり私たちが何も求めない時が正常、あるいは偏りがありません。

 「目には目を、歯には歯を」は採用しません。これは最初から一方の罪の話で、そしてもう一方が罪を増やし、そっち側も罪を返し、こちら側もまた罪を返し、どんどん罪が増えます。これが公平でしょうか。彼が私を罵れば、彼は罪の側、あるいは汚れた側で、そして私が彼を罵れば、私も罪の側になり、彼がまた罵り、そして私がまた罵り、このようにやり合いになります。

「目には目を、歯には歯を」は静かでなく幸福がありませんが、煩悩では「正しい」と言います。あるいは煩悩では公正なタンマと言います。

次に「負けたくない、勝ちたくない」なら問題はなくなります。勝ちたければ、ヒト語の「勝ち」は、その度に対がどんどん増え、そして勝ったり負けたり、勝ったり負けたりを繰り返して、終わりがなく、そして破滅します。神様との闘いなので勝ち目はありません。間違いや悪をすることは、タンマとの闘い、神様との闘いです。子どもとの闘い、一人の僧や沙弥との闘いと理解してはいけません。

貪・瞋・痴が生じて話になり問題になるのは、それはタンマとの闘い、神様との闘いなので、勝ち目がないので、神様がちょっと悪魔を送りつけるだけで、勝利は消えてしまい、神様に勝つ道はありません。だから私たちは神様、つまり自然の法則、あるいはタンマと呼ぶものをと闘いません。

いつでもそれを正しくし、それを勝たせます。つまり勝ち負けを無くします。ヒト語の勝ち負けを無くすことは、いつでもタンマ語の「勝利」なので、事は起こりません。問題は生じません。苦が生じることもなく、「俺、俺のもの」も残らず絶滅します。

 さて、私は、あるみなさんが良く聞いて、良く考えることを望みます。これは、三蔵、聖書、すべての教典を凝縮した話なので、世界中のもの全部を聞いたのと同じです。世界中のすべての教典の教えを聞いても、「俺、俺のもの」を断つ話だけで、それ以上の物はありません。

 毎日、毎晩、「俺、俺のもの」を断つ努力をしなければなりません。まだ断つことができなければ、「俺、俺のもの」に支配されないように管理しなければなりません。この種の真実、この種の正しさ、この種の平等に支配されないように、しっかり管理しなければなりません。

自分の心をいつでも空(俺、俺のものがないこと)にしておけば、心は自然に知り、自然に智者になります。「俺、俺のもの」がない心は、何が公正か、何が公正でないか、そしてこの場合はどうするべきかを、自分で知ることができます。そしてその心は、ブッダの答を求め、常自覚のある心は「この場合にはどうするべきか」をブッダに訊くことができ、五分か十分待てば、善い答が得られるので、問題は消滅します。

だから、「面白い話でも、口先のごまかしでも、言葉の遊びでもなく、時間の節約のために、すべての教典を凝縮して話した話」と捉えなければいけません。個人的には、みなさんはお寺や私の要望に沿った、私が喜ぶような利益になることをします。そしてそれに対する報いは、最高に素晴らしいものです。

 


ホームページへ                                            目次へ戻る