実践の近道

 

 一歩一歩実践を進めることは、先に死ぬことです。それで私は、一般人の大物たちから、「関係ないこと、手本外のことを教える。ローグッタラ(俗世を脱すこと。出世間)の話、世俗から解脱すること、世俗を超えることを庶民に教える」と、罵られ、非難され、何でもされます。いつも反論者が、ローグッタラの話を庶民に教えるとからかい、なじりますが、これは在家ばかりでなく、大物の長老にも、ひどく叱られたことがあります。

何十年もタンマを、解脱の話を庶民に教えてきました。私も自分の考えだけを押し通す人間ではありません。誰が何を言ってもよく聞き、その人が言っていることは正しいか正しくないか、真実か真実でないかよく聞きます。そしてそれは正しいと、そうするのは正しいと思うので、だからこれからも続けます。

誰に何と言われようと、何と謗られようと意に介さないことは、修行の近道であり、進歩を早めます。いろんなことをして面倒な問題にしないで、空っぽの心でいて、空っぽの心で働き、空の食べ物を食べ、死んでしまったように生きるという教えを捉えれば、一度にこのように飛び越えられます。

そしてずっとこのようであってください。最後には、先ほど、天人も人間も世界のために働くという、一つの文章が残ると話したように、他人のためにするだけを残してください。すべてを他人のためにします。他のことはすべて納得し、他の問題はすべて答えを出して納得し、最後に残るのは、するのは、他人のためにすることだけ。

こういうのが一番良い方法で、最高に近道で、最高に簡単で、最高に便利です。しかし私が言う「他人のためにする」は、他の人たちが言うより意味があります。他の人が話しているのもたくさんあります。他の人の他人のためにする話は、指しゃぶりをしている子供の道徳で、ボーイスカウトの「他人のため」もあります。

しかし私が他人のためにするのは、ブッダが言ったようにします。つまり「自分」がありません。指しゃぶりをしている子供の道徳には「自分」があり、私が他人のためにすれば、みんな幸福になれる。あるいは人に感謝される。あるいは誇らしい。それは子供の「他人のため」です。

しかしブッダや阿羅漢の「他人のため」には、「自分」がありません。自分がないので自分のためにすることはできません。自分がないのでいつでも他人のためにします。どこでどんな動きをしても、いつでも他人の利益になります。これを、本当のタンマの実践と言います。

ヴィパッサナーと呼ばれるものより何より、最高のタンマの実践です。今は、ヴィパッサナーという言葉に困惑し切っています。以前にも人に聞かれたと話したことがあるように、どこへ行っても、「スアンモークではヴィパッサナーをするんですか」と聞く人がいます。

 考えて見てください。私はどう答えればいいんでしょうか。スアンモークではヴィパッサナーをするんですか、と聞くんです。敢えてこのように尋ねる人がいるんです。質問者が言っているようなヴィパッサナーは、私の所にはありません。私はしません。したくもありません。

私に質問した人が言っているような意味のヴィパッサナーは、あってほしくないし、したくもありません。しかしこのような実践、私が「これがヴィパッサナーだ」と言うような、あるいはヴィパッサナー以上だと言うような実践は、ヴィパッサナー以上の成果のある行動です。私の所にあるのは、彼らがヴィパッサナーと呼ばないものだけです。

彼らは、ヴィパッサナーを別のものと理解しているので、先生やアーチャンを敬う儀式から始まって、いろいろな形式や規定があり、いろいろな姿勢があり、ゆっくり歩いたり、腹の動きを感じたり、山ほどあります。他人に見える形式、他人が理解できる形式であり規定です。こう見ることもできます。

誰がしても構いません。それもヴィパッサナーです。そしてその様式は、その様式のヴィパッサナーは、「俺」の様式で、ヴィパッサナーをひけらかし、「俺」のヴィパッサナーを人に見せるので、どうしようもありません。それが「俺」「俺のもの」を増やすと、彼らはまだ知りません。


ホームページへ                                            目次へ戻る