四如意足

 

 如意足とは成功の足という意味で、望みどおりに成功させる功徳のあるものを意味します。何かを成功させたいと望む人は、如意足と呼ばれる四項目で自らを完璧にしなければなりません。

1.欲(チャンダ) それを満足して愛すこと

2.進(ヴィリヤ) それに努力すること

3.心(チッタ)  本気でそれに関心を持つこと

4.思惟(ヴィマンサー) それの道理をひたすら広く調査し熟考すること

 この四つのタンマは当然関連し合い、それぞれの義務があります。

 チャンダは、自分が、人間が得るべき最高に善いものと信じる物として満足することで、この項目は、後のすべての項目が功徳を生じさせる、最初の気力になります。

 ヴィリヤは努力で、成功するまで長く途切れることがない、連続した行為を意味します。この言葉は、一部に勇敢という意味が含まれています。

チッタは、自分の気持ちからそれを放り出さないで、いつでも心の中で、その目的をはっきりさせておくという意味です。この言葉には、サマーディという言葉の意味が十分に含まれています。

ヴィマンサーは、その成功の原因と結果を、いつでもどんどん深く調べて熟慮することを意味します。この言葉は、智慧という言葉の意味を十分に含んでいます。

 この四つの徳がある人は、人間にとって不可能ではないことに成功します。率直に言えば、涅槃と呼ぶ、完璧な滅苦で、それ以外の部分は、特別なことと見なします。

 そして普通でないこと、たとえば四如意足で一劫(世界が一回終わるまでの時間)も長生きできるなどという話には問題が多いので、際限のないこととします。

 これは、如意足でそれほど長生きができるかどうかに、矛盾があると言っているのではありません。それより、私達がそれほど如意足に励むことができるかどうか、ということが問題です。

だから如意足の教えはこうだと決めずに、文字通りの意味があると捉えます。要するに、自分の能力で如意足に励めば励むだけ、その人は当然、一部の人が不可能と見なしているような、例えば涅槃に到達することも、如意足の威力のめいっぱいの結果を受け取ります。

 またある所でブッダは、これらの語尾にアティパディーヤという言葉を加えて、チャンターティッパダヤ、ヴィリヤーティッパダヤ、ヴィマンサーティッパダヤとしているのもあります。チャンタは重要という意味です。

本当は同じ如意足ですが、何かをする時はチャンタ等々が重要、あるいは成功の主役と明らかに分かるような言葉を使って、如意足に、もっと興味をもつよう誘っています。

ブッダが阿耨多羅三藐三菩提智(最高に素晴らしい正しい智慧)を悟ったのは、四如意足によってであると主張している、ブッダバーシタ(ブッダの言葉)が各所にあります。だから、どんなことを成功させるにも、欠かすことができない道具と見なします。苦を絶滅させる実践をする人は、特に関心を持たなければなりません。

世俗的な利益のための仕事にも、この教えを使えば上手くでき、同様に、悪事や罪を犯すにも、この教えを使えば望みどおりに成功させることができるので、ブッダは菩提分(三十七道品)の中の重要な教えの一つとしています。 これは実践が、最初から最後まで障害なく進行するようにする道具としています。

 


ホームページへ                                           目次へ戻る