人生の道

 

                               私たちの人生は、本当は、苦に満ちた所から、自分が通過してきた苦が尽きる所までの、一種の旅のようです。その人が知っていてもいなくても、感じていてもいなくても、人生は常に旅であり、何も知らずに歩いていれば、当然苦しい旅の連続で、打撲傷だらけになります。

 この旅は足で歩く旅ではないので、従って人生の道は足で歩ける道ではありません。昔の智者の多くは、精神を向上させるもの、物質面、あるいは身体面よりも、比較にならないほど高くすることができるものとして「人生の道」に非常に関心を寄せていました。

 その道と呼ばれるものが一本しかないことは事実ですが、普通は幾つもの価値あるものがあります。一か月もの徒歩の旅は、橋や途中で休む木陰や、道中の安全管理や食事などがなければならないように、人生の道が滅苦に向かうことは事実ですが、歩く道のように、いろんな物がなければなりません。

 宗教は、植物をいつも美しく繁茂させる涵養水のように、この人生を爽やかに穏やかにし、なんとか火のように苦しまないで生きられるようにする、重要な価値があるものです。

 哲学は、宗教や他の義務を実践する原動力である、理想を生じさせる徳であり、重要な力である信仰心や努力やその他の道徳を生じさせます。くじけたり、ためらったり、後退したりするのを防ぐには十分です。要するに哲学者にさせ、あるいは自分が目指す目的に到達するまで自分を動かす智慧があるようにします。

 科学は、道理を知る人、道理を使うことを知る人、この人生を何も知らずに愚かに突き進めば到達しないか、到達したとしても遅く、満足の出来る結果にはならないので、猪突猛進しないように、道理の範囲内で生きる人にします。

 美学、特に人生管理の美学、あるいは自己管理の美学は、人生を明るく澄みきった気持のよい、愛らしいものに見せ、初めも中間も終わりも、知識と美しい行動によって向上することに喜びを感じさせます。

 仏性は、その人に沁み込んでいるタンマの徳、あるいは善、真実、公正は、周囲の人にとって尊敬でき、信頼でき、交際したくなる人格にし、崇拝するべき人物、自分自身の拠り所であり、すべての人の拠り所である人にします。

 知識は、良く考え、さまざまなものを広く調査判断し、探求し、試し、障害を克服する能力を与え、生活や交際、そして必要なすべてに完璧な結果を生じさせます。

知性は、知識の傾向によって、生活の仕事を成功達成させる能力を生じさせ、それによって生活上のどんな仕事も、簡単に、迅速に、完璧に、そして安全になります。

衛生は気力の基礎である体力を生じさせ、熟練と軽快と勇敢と明朗と、生活の簡便さがあり、体は、飼い主が最高に良い世話をしている馬のように、主人を目的地に運ぶ乗り物になります。

 

この八項目を合わせた力が、私の一本の道で、生老病死の友に、この八項目の徳がある道を歩いてみないかと、提唱したくなるほど、私の人生を非常に満足できるものにしてくれました。

世俗的な結果、つまり財産、名誉、友情であろうと、来世の結果、つまり天国であろうと、そして最高の結果であるすべての世界から脱出すること、つまり涅槃であろうと、疑うまでもなく何でも期待できます。

 この八項目の徳は、かならずバランスよく揃って、そしていつでも互いに支援し合うよう、良く溶け合っていなければなりません。そうすれば道になり、いつでも旅になり、後退しません。

 今日の世界は、生き物を抑圧し焼き炙る、物質の奴隷にするものが多過ぎて、ほんの少し不注意をしだけで、抜け出すことができない熾き火の中に滑り落ち、そして最後はその火の中で死んでしまいます。

だからどの生き物も、望み通りの純潔や明るさや穏やかさに向かい、みんなと一緒に輪廻を繰り返して、生まれてきたこの生を無駄にしないために、安全な道を探す必要があります。あるいはそういう道があるべきです。

 現代の世界は非常に危険な障害が増えているので、人生にもそれだけ、防具であり危険を解決する美徳と能力がなければなりません。だから人々には、少なくともいま述べた八項目の美徳でできた道が必要です。

その人の心、あるいは精神面の人生の道は素晴らしく進歩し、物質、あるいは身体面の発達と並行して行くことができます。進歩している現代の物質世界は過剰で、ちょうど良い程度を越え、あるいはバランスを崩して完璧でないので、世界は毎日混乱しています。

 現代の人生の道は、昔よりぐらぐらガタガタし、でこぼこし、上がったり下がったりしていて、昔のように簡単な方法で楽ではありません。八項目の徳で何でも対処できる、非常に素晴らしい仏教があることは、私たち仏教教団員の幸運と見なすことができます。私たちの仏教には完璧で輝かしい面があります。どの面に注目しても、何でも、どんな面でも、何としても見えるようにさせるためにあります。

 宗教であり、哲学であり、科学であり、美学であり、生きるため、人間の望ましい仏性であり、十全な知識であり、円熟した知性であり、そして心身両面の衛生である仏教は、どの面でも八項目の美徳と見なし、一つに溶け合って道になり、それ自体が旅です。

 私はすべての生老病死の友に、一人一人の苦の終りへ傾いている一級道に関心を持つようお誘いします。みんなで心を合わせて、この道がすべての生き物の道として開放され続けるために、あらゆる方法で闘うことをお勧めします。

 私はすべての朋友が、自分とすべての生き物の脱出の道として、人類のために普遍的な真実を公開したブッダの名において、いつでも、尽きることなく、この道を守るためには命さえ犠牲にするようお勧めします。

                                                          194291


ホームページへ                                            目次へ戻る