平和はどこにある

 

サンティサーン新聞社から、同じ平和を願う立場として創刊の記事を書くよう依頼があったので、喜んで本文を記します。

 幸福あるいは苦、平和あるいは大騒ぎは、次の例のように、感じる人の心の中だけにあります。

 例えばいつもゴム底の革靴を履いていると、世界中すべての土地は、どこもかしこも例外なく、天人がゴムを沁み込ませた皮を敷いたと感じる、あるいは結果になり、反対に、自分が履いている靴の底に四、五本の釘が突き出ていたら、歩くたびに、この世界は、天人が棘を撒いたと感じるだけなのと同じです。

 以上の理由で、他人や他の物に関わらないで、自分、つまり心を処理できれば、いつでも私たちは、自分の望みどおりの世界にすることができるということです。

人生は戦いなので、本当の平和は、この世界にはあり得ません。世界とは生きることで、生きることはただ、緑や赤や、他の何色でも構いませんが、何も色のない物の上に絵の具を塗り重ねているだけです。

 欲望が塗る人、煩悩が刷毛、体あるいは形は色を塗る紙で、何も色のない物とは、紙でも塗られた絵具でもありません。紙にも何らかの色があり、少なくとも白い色をしています。

あなたが色のない物を見つければ、あなたは平和を見つけたということですが、絵具の缶をひっくり返しても、紙を燃やしてしまっても、色のない物を見つけることはできません。

色のない物には、紙もあり、絵具もあり、刷毛もあり、そしてどこにでもあるので、絵具で紙を汚すことはできますが、それに塗りたくっても、色のない物を汚すことはできません。

だから、その世界に平和がないのに、本当の平和を、世界以外のどこかから探してやる必要はありません。

 黒や赤や白や緑やその他色々なものから、無色の物を推測することができるように、一方で絵具を除き、もう一方で紙も除いてしまえば、色のない物が見つかります。しかしそれを、ただの消滅と早合点しないでください。ただ消滅として現れたのなら、まだあなたには「目」がないと見なさなければなりません。

 平和、あるいは色のない物は、過去にも現在も未来にも、まだ作り上げられていないもの、何も変化していないもの、何も妨害する物のないものでなければなりません。この世界、あるいは命は、何かによって作られたもので、そして過去も現在も未来も、いつでも妨害で混乱させられています。

生まれることは、それのものではありません。それは、自分自身で生まれることができず、何種類ものものが、原因と結果で作り上げたものです。だから独立した自由がなく、まだ自由がない間は、静まることはできません。

 戦争をすること、経済や芸術や文化、文明、あるいは教育などの部分の対処は、どんなに良い対処をしても、その生き物が、平和あるいは色のない物に出会う機会はありません。戦争、経済、芸術、文化、文明、そして世界のいろんな教育は、塗りたくった絵具であり、そしてそれ自体が戦いであり、反乱だからです。

常に水に溺れて死にかけている人生、あるいはすべての世界を洞察して、どうか向こう岸へ渡ってください。そうすれば平和、あるいは色のない物に出合います。塗りたくった緑色と黄色と赤を適宜に混合させて白にし、それからもう一度白を取り去って、何も無くしてしまってください。そうすればすべての生き物の目標である、色のない静かさになります。それが平和です。

                                                                                  1946年3月6日

 


ホームページへ                                            目次へ戻る