煩悩

 

煩悩とは、「憂鬱な物、あるいは曇らすもの」という意味で、三つ意味があります。汚れや曇りを生じさせるものが一つ。明るくない、暗さを生じさせるものが一つ。イライラそわそわして落ち着かなくするのが一つで、分かりやすくするために、ブッダは煩悩を三段階に分けています。

 繊細なレベルあるいは内側のもの、中間のもの、そして粗雑あるいは外側のものです。内側というのは、本性の中で眠っているという意味で、触れてくる感情があると、中間の煩悩になって心を包囲攻撃し、あるいは粗雑な煩悩になって突き抜け、いろんな外面の悪い行動として現れます。

たとえばアクサラムーラ(悪の根源。三毒)と呼ばれる内面の繊細な煩悩は三種類あります。貪−貪り、瞋−恨み、怒りで攻撃したい気持ち、愚痴−迷いです。あるいは別の様々な呼び方がありますが、意味としては、感情が関わってくるまで、そして強烈な願望が生じて心を妨害し、願望で煮えたぎるまで、あるいは憎悪や復讐心で煮えたぎるまで、あるいは愚かな疑念でいらいらと煮えたぎるまで、内面で静かにしている煩悩です。

 

中間レベルの煩悩を蓋(がい)と言って、愛欲蓋・憤怒蓋・睡眠蓋・散漫蓋・疑法蓋の五種類あります。

変化させることがそれだけに止まらなければ、たとえば性的な過ちや殺人を犯すこと、いじめや嘘などから飲酒など、意図のある言葉や行動として外へ表出します。それを荒い煩悩と言います。

別の熟慮をすれば、本当の煩悩とは内面、あるいは繊細な煩悩のことで、他の二つのレベルの煩悩は、煩悩そのものと言うより、むしろ内側の煩悩の行動として現れたにすぎません。しかしブッダは、曇りと闇と静かでないことに注目したので、この二つのレベルの煩悩の行動も、直接煩悩としました。

たとえば欲貪や復讐心と呼ばれるものも、心や心の門を曇らせ、性的な過ちを犯したり、嘘を言ったりする煩悩は、体と心を憂鬱にし、内側の煩悩と同じように、本性や心の奥深くを憂鬱にするので、次のようになります。

1.繊細な煩悩は本性を憂鬱にする

2.中間の煩悩は心の門を憂鬱にする

3.荒い煩悩は言葉と体を憂鬱にする。

 アクサラムーラ(三毒)と呼ぶ繊細な煩悩は、ここでは三種類しかありませんが、他では別の呼び方をしたり、三種類以上に分けたりします。たとえば貪、瞋(恨み)、痴ではなく、カーマラーガ(貪欲)、パティカ(瞋恚)、ディッティ(謬見)、ヴィチキッチャー(疑)、マーナ(慢)、バヴァラーガ(有貪)、アヴィチャー(無明)に分類し、全部で七種類あり、アヌサヤ(本性の中に潜在している煩悩。隋眠)と呼びます。

しかし愛欲の欲情であるカーマラーガ(貪欲)、そして何かになりたいという欲情であるバヴァラーガ(有貪)は、ここでは貪、あるいはラーガになり、パティカ(瞋恚)はここでは憤怒になり、ディティ(謬見)とヴィチキッチャー(疑)、マーナ(慢)、アヴィチャー(無明)の四つは、痴に含めることができるので、貪・瞋・痴の三つが残ります。

 十種類あるサンヨージャナ(結)のように、もっと細かく分類しても同じで、まとめれば今述べた三つになります。しかし学び始めたばかりの方にはふさわしくないので、ここでは控えて、述べません。


ホームページへ                                          目次へ戻る