八項目の規律

 

 この八項目の、律を判断する状態は、アングッタラニカーヤ(増支部)のゴータミー経の中にあり、出家して比丘尼となった母ゴータミーに言った言葉で、重要な教えと見なします。また一部には特に興味深い内容、つまり母の立場にあった人への報恩として選りすぐった内容があります。

 どう実践すれば教えに従って正しく滅苦ができるかという問題が生じた時、これらの規則を断固とした判断基準にすることができるので、仏教の重要な要旨について説いた教えです。

 それは、いずれかのタンマ(の実践)が

 1.心が情欲に染めるためになったら

2.苦があるためになったら(つまり困難になる)

3.煩悩の塊を集めるためになったら

4.大きな望みのためになったら(つまり小さな望みではない)

5.今ある物で満足しないためになったら

6.交わるためになったら

7.怠けるためになったら

8.養いにくなるためになったら

 それらのタンマはタンマでなく、律でなく、教祖の教えでないと知らなければなりません。

  反対になればタンマであり、規律であり、教祖の教えです。

つまり、

1.情欲が緩む。

2.苦がなくなる。

3.煩悩を集めない。

4.望みが減る。

5.ある物で満足する。

6.交わらなくなる。

7.努力するようになる。

8.養いやすくなる。

  心が情欲に染まるとは、関わるもの、あるいは取り巻いているものに、ますます夢中になること、と説明されています。実践、あるいは行動、あるいはどんな考えや言葉でも、その人が何かに愛着していれば、誤った実践と見なします。

たとえば映画や芝居などを見ると、情欲で心が染まり、穏やかな状態の人、あるいは静かな場所にいる人の心と比較して見ると、正反対に見えます。この例を比較するものにして、形、声、臭、味、触、最後に、欲貪の基盤であるものを考えて夢見るタンマーラマナの、この言葉の意味を何としても掴めば、当然心は、欲貪で染められます。

苦があるようになるとは、苦労しなくても良いこと、あるいはそれほど大変でないことなのに、誤解や真実を知らないことで、自分を困難に追い込むという意味です。

不思議なことは、人は誰も苦を好まないのに、なぜ自分が困ることをするのでしょうか。それは痴の威力、つまりほとんどは愚かさによって正反対に誤解するからで、出世したい、秀でたい、有名になりたいというような例も、愚かさが原因です。

他人に皮肉を言ったり、自分自身を当てこすったりするのも、ほとんどは、同じ様に誤解、愚かさが本当の原因です。すなわち「アッタピラマターヌヨーガ」という修行、つまり愚かに自分を苦しめることです。

煩悩の塊を集めるとは、身の周りに貪りと怒りと愚かさを増やすという意味で、欲情して心を染めるのと、この点が違い、障害、あるいは煩悩全般の発生を助け、どんどん増します。常に煩悩を育てるものを集めることは、一般庶民の場合は、煩悩の塊を集めることにならない物もあるかもしれません。しかし出家のように直接滅苦の修行をする人にとっては、非常に煩悩を集めることと見なします。

時には、在家にとっても出家にとっても、煩悩の塊を集めることとする例もあります。たとえば装飾品、あるいは生活に必要のない道具を所有して、首丈になったり、図に乗って大望を抱いたり、競争したりするだけなら、際限なく煩悩を増やすことです。

大望とは、状況や場所、あるいは自分の知性の標準を超えた望みという意味です。

満足することを知らないとは、このような大望という意味ですが、今ある物に、あるいは与えられた物に満足できないという意味で、いつでも自分は貧しいという気持ちになるので、続いて大望、あるいは他の煩悩が生まれます。あるいは反対に、自分を攻撃して自殺に至ることもあります。

パーリ語で大望のことをマヒッチャターと言い、満足することを知らないことをアサントゥタティと言います。語句としては、あるいは事実上はレベルが違い、部分が違い、種類も違うと区別できますが、行動面では、一つのものと迷ってしまうほど、一緒になります。

交わるというのは、何らかの楽しみのために集団と交わるという意味で、その行動から、交わることから、多くはタンマーロム(心で考えること。法界)である味を味わうので、魅力があります。目・耳・鼻・舌・体から入る感情(心が感じる物。ここでは刺激という意味)に負けないのは、こういう理由です。

だから集団と交わる味が癖になり、それにが心を溺れさせ、沈むに沈めない状態になり、考えや読みが表面的になり、的確、あるいは奥深い考えにならなりません。学習するため、義務である用事の相談するために集まることについてブッダは、今述べている「集団に交わること」と言っていません。

しかしその一方で、過去に味わった形・声・香・味・触の記憶で煩悩に取り囲まれ、後になって一人で夢想することも、集団と交わるという言葉に含まれると言っています。集団との交わりを懐かしむからです。

「怠惰」、そして「養い難い」という言葉の意味ははっきりしています。滅苦の実践は重大事であり時間がかかるので、努力と養い易いことが大切で、そうすれば必要以上に食に関わる負担がないので、時間と、他にもっと有益に使えるかも知れない物の節約です。

この八つの状態の一つ一つが滅苦の実践の敵で、直接のもあり、ただ障害だけの物もあり、そして間違った実践もあるので、タンマではない、律ではない、教祖の教えではないと見なし、初めの八項目と反対の行動をすれば滅苦になり、タンマであり、律であり、教祖の教えです。

これは捉えるため、あるいは正しい道を行くための、滅苦の実践の道具であるタンマ集の一つと見なします。

                                               (1957年)


ホームページへ                                           目次へ戻る