後と左右

 

  1970年10月13日

 今日は前回の「前方」、つまり親に引き続いて、後方、つまり子と妻についてお話します。前と後ろは、前回、対にして熟慮しました。人間は涅槃に行くために生まれてきたという一般原則を、常に捉えていなければならないことを、思い出してください。

いまどんな状態、どんな状況にある人間も、涅槃のためという目標があります。つまり「何になりたい、どういたい」という望みの終りへ行きます。少なくとも精神的には、自分は何々だという気持ちが無くなります。

そこで「すべては成るようになる」という考えになります。人生を、恐ろしくも厭わしくも何でもないと見るという意味です。つまり悲観的に見ません。と言って、肉体的な味を溺れたいと見るほど楽観的にも見ません。私たちは人生を旅と見て、良く歩ければ嬉しく、良く歩けなければ悲しい。それだけです。

 つぎに自分を、周りにいろんな方角がある中心と見ます。在家は一人では行けないと言われるように、一緒に行かなければならないからです。在家は罪だとか、何かの業だとか考えるべきではありません。ぞろぞろと連れだって旅すると捉えます。

僧や出家には群れない目標があります。一人で行きます。あるいは一人の方が好都合です。しかし連れ立って行くことを不運だとか、罰などと捉えるべきではありません。

能力を表すと見るべきです。一人で生きたい人はそうする権利があります。そしてその方が幸運だと言います。つまり、多くの人、特に西洋人が理解しているように、人生は罪だとか、悲観的なものと捉えるべきではないということです。

 仏教は、何でも悲観的に捉えるショーペンハウェルの哲学のようだと言う人がいます。私は支持しません。自然のもの、本当の自然には、楽観も悲観もありません。人間の対処の仕方次第です。私たちが楽観したり悲観したりすることに夢中になれば混乱します。それ自体の自然の成行きに任せることには敵いません。

私たちは利益になる面が欲しいだけです。利益になるように、旅として生きる方が良いです。いろんなもの、あるいはいろんな状態、いろんな考えを、罪だ、徳だ、善だ、悪だ、善行だ、悪行だとするのは、人間の、それを欲しがる人の気持ちが仮定の話です。欲しがらなければ、良い悪いになりません。あるいは欲しいものが違えば、一人が良いと見ても、もう一人は悪いと見ます。

だから自然一般と捉えてください。自然は良くも悪くもありません。つまり人間が自分の期待どおりに調整するチャンスを与えているという意味です。人が愚かなら一つの調整をし、人が賢ければまた違う調整をします。だから自然を正しく知ることが本当の学習であり、善です。

 だから私はくどくど言います。どうかみなさん、いろんなものを深く見てください。仮りの規定だけ、あれこれ設定だけを見ないでください。もしそうなら、精神的に閉じ込められていると言います。自由でなく、つまり愚かです。

だからいろんなものを自由に見てください。そうすればそれを越えるのを選ぶことができます。つまりそれらのものによる苦はありません。これが、なぜ私がいろんなこと、家庭内のことまで熟慮しなければならないかという理由です。いろんなロマンティックな問題も、奥深い最高の真実の形で熟慮しなければなりません。

後方である子供と妻の問題、あるいは前方と反対の問題を熟慮するには、前回と同じようにします。前方と後方という言葉には、いろんな意味があります。タイ語でも微妙です。前と後ろでも同じです。前部、後部は、一つのものです。

しかし今言っている前方は、前の方にあるという意味で、先に見える、先に見る、先に見なければならない、先にしなければならないという意味です。前方は、何よりも先に顔を出すと憶えておかなければなりません。後方は、見え方は反対ですが、実践では同じくらい重要です。つまり後方、後側と呼ぶことにふさわしく行動します。

 低いレベルから見ると、つまり低い考えでは、ほとんどの人は妻子を後方と見ることができないようです。妻子が前方に、正面にある重荷に見えます。煩悩で妻子に溺れていれば、尚そうです。これは注意しなければなりません。どんどん愚かになり、そして過ちになることもあります。

惑溺の基盤より高くすれば、誰でも仕事をするため、能力の限りにいろんなものを作り出す気力として妻子がいると指摘したように、妻子は気力です。これは、最高のものをそれだけ知っている俗人のレベルです。あるいはどんな理由であれ、そう理解しつつある人のレベルです。いつも応援してくれる妻子がなければ、何も本気で何かをしないように見えます。

この項目から分かることは、、たとえ妻子は後方とされていても、前へ押す力であり、重りではないと明らかに見えます。もし重荷、あるいは重りなら、後へ引っ張って後退させます。妻子がいることで生じる気力があれば、妻子は押して前進させる力です。つまり前へ押します。タグボート、重いもの、手足まといと捉えるより良いと見なすべきです。

だから、前へ押すと考え、前とはどこかと言えば、人間であることの最終地点、終点へ到達することです。食べるため、性のため、名誉のため、肉体に溺れている人たちの世界の話にしないでください。

だから人間は誰でも、涅槃へ行かなければならないと見るよう提案します。人間は誰でも涅槃へ行くために生まれてきたと理解させれば、子供や妻があっても重荷にはなりません。

 私が観察して明らかに見えた、あるいは少なくともかすかに聞いたところによると、昔からのタイの文化では、何でも涅槃というものに関連づけていたと聞いています。家の中で涅槃について話し、涅槃に行ける性質になるために、いつでも何でも一所懸命にしなさいと教えました。

だから子供も聞いていました。私も憶えています。私が幼かった頃、年寄りたちはいつも、「どうぞ涅槃へいける性質になりますよう」と言っていたので、それが口癖の文化になりました。つまり涅槃を、人間誰でも最終目的にしていたという意味です。

子供もそれを耳にしていました。まだ涅槃とは何か理解できなくても、そのうち後に続きます。これは非常に重要です。難しい問題やいろんな苦を断ち切ることができるからです。

みなさんご存知のように、今の家庭には、子供に高い教育を受けさせるお金がない問題があります。だから親はいつも心を痛め、悩み苦しんでいます。これは、決意が間違っているだけで罪業になります。誰もが涅槃へ行くという昔の文化を捉えれば、子供を外国へ留学させるお金を探す問題はありません。

非常に苦しい問題が生じるのは、人間の最終目標を理解していないからです。両親がこの問題を正しく理解していれば、苦しいほどにはなりません。子供に良い教育をするためにたくさんお金を探して、何かをたくさん集めることもできますが、苦しむ必要はありません。

 次に、父親は子供に宗教面で、タンマの面で善くなってほしいと願い、母親が賛成しない、譲らない、というように意見が分れることがあります。これも複雑で難しく、苦になります。いつも頭が痛くなる問題です。

父親は涅槃の方向で向上してほしいという考え、あるいは決意があります。こういうのはあまり問題ありません。どんな貧乏な人でもできるからです。何とか生活していけるだけでもできるし、どんなにお金があってもできます。

もし善いこと、世俗で出世することばかり考えれば、お金や、そういった物に関わらなければなりません。だから悪い考えを引きよせ、賄賂や不正を引き寄せます。だから子と妻の問題はよく考えなければなりません。

偶然、夫と妻両者の、人生というものの考え方が一致していれば、これはとても順調になります。そして昔の人のように穏やかでいられます。そして正しい方、善い意味の善があります。

バカみたいに、珍しさに興奮して掻き寄せないので、何でも満足できます。子供の知性が、勉強して世俗で有能な人になるには不十分でも、涅槃へ行くには十分です。生活も財産も、何でも十分です。何も重りや束縛や、焼き炙るものや突き刺すものになりません。こうです。だから前進するのにとても好都合です。罪や苦が生じる隙がないからです。

だからみなさんは、妻子を苦しくなる形、つまりタグボートとか何とかいう形に見ないで涅槃へ行く伴侶にします。妻は涅槃への旅の苦労を軽くしてくれます。半分ずつ分ければ負担は少しです。子は、両親がこの世で到達できなかったとき、遺志を継いで旅を続けます。

ブッダが涅槃へ到達して、すべての人間が最高の物を得られるよう道を公開したように、理解できれば誰でも、涅槃へ向かって歩く生き方を志します。まだ到達できなくても、それなりに穏やかです。穏やかな部分があり、イライラする部分はありません。これでも人間の最高最善のものです。

 だから所帯を持っても、この理想と食い違わないようにするべきです。ただ少し遅いだけで、在家にとってはそれも善いことです。高い能力を見せることです。この面を見て、この面で実践すれば、妻子も重りではなく、重荷でもありません。

賛成称賛してくれるものであり、予備にもなります。大きな船、つまり両親に終わりの日が来たら、その後は子が代わりに義務を引き継いでくれます。子はこうあるべきだという時、両親から出た塊、あるいは植物の子のようにしてはいけません。

いずれにしても身体的な遺産を受け継ぎます。木の実が木、つまり親から次々に落ちる時、それは身体的な遺産を受け継ぎます。今私は精神的な遺産を受け継ぐ話をしています。子がそうあるべきなのは、人間は植物より、動物より高い精神があるからです。

子とは、ただ腹から、血から、体から生まれたものという意味ではありません。腹から生まれなくても、子であることもあります。腹から生まれるのは体の話で、身体的な子です。精神が生み出した子もいるべきです。あるいは精神面の子もいるべきです。つまり精神的な意味の話です。

だから私たちには、雇い子など、別の形の子供がいます。タイ語で雇い子とは、自分の望みどおりに動く人です。他にどんな子がいるでしょうか。色々あります。たとえば、囃子、子分などから弟子まで、何かと「子」という言葉をつけます。どれも仕事の目標を指し、期待に応える人という意味です。出家にも子がいます。つまり弟子で、親のような義務があり、非常に広範囲です。

出家に何百人もの弟子がいれば、子供に対して行動するべき親のようにしなければなりません。弟子を持つことは、むしろ心の話です。なぜタイ語は「子」という言葉を使うのでしょうか。それは、関わる人を見る時、非常に良いイメージだからだと思います。雇い子などは、子と呼ぶほど絆が深いです。子供のように愛せば問題はありません。今は雇い人を子供のように愛さないので、危険な問題がたくさんあります。

弟子は腹から生まれてなく、あるいは身体的に生まれていないので、精神的な子で、父親である人は、父としての義務があります。たとえばブッダを「父なるブッダ」と呼びます。精神の父です。

北部には「養父」という言葉がありますが、また別の種類です。同じように精神的に関わっている人に対して、愛と慈悲で接すれば、正しい「養父」です。やくざな養父は、他人の褌で相撲を取るように接するので、基準にするべきではありません。

子供だけについて言えば、愛情や慈しみ、情け、最終目標までの正しい導きなどを必ず受けられる意味があります。そして精神面での子は、何もかも精神面です。人から精神バカと呼ばれるほどです。肉体的、身体的なことには重要な意味が少ないからです。ただの外皮であり、内臓の入れ物でしかありません。要旨はそういうことです。

在家が後方を持って、この方角を快適で喜ばしく善になるようにするには、このように見なければなりません。みんなが考えているような情けない見方をしてはいけません。貧しい百姓でも、昔のお爺さんお婆さんのように、いろんなものをこのような角度から見る機会、あるいは能力がある、と言えるかもしれません。

彼らには苦はありませんでした。子供がいれば同じ道を行きました。父がするように子もしました。父が田を耕せば、子も田を耕し、精神的な苦になる問題はありませんでした。ずっと同じ道を行くからです。文字は読めなくても涅槃に行けると言われるほど、その道は開かれていました。

昔のインドには、文字が読めないで阿羅漢に達し、涅槃に行った人はたくさんいます。現代人は勉強して際限ない学位を持っていますが、愚かしい問題が生じて苦になります。滅苦の話は求めず、魅力的な何かに突っ走りたがります。食べること、性のこと、名誉のこと、そっち側だけを回るよう誘惑します。

だから文字を知らない人も涅槃に行けるという話は、そういう人にとっては意味がありません。現代人は、熱狂して沸騰している様子が見えます。どっちの方向へ向かって全力疾走しているのか分かりません。

目を閉じて心のイメージを見ると、現代人は今走っていて、躓いて転ぶほど走って、つまり全力疾走しています。どっちの方向へ急いでいるのかは知りません。しかし苦である方向へ向かっていることは明らかになってきました。

現代の世界を見てください。複雑困難になり、苦が増えています。全力疾走してどこへ行くのか知らないからです。つまり集中力や注意力がなく、冷静さも何もありません。勉強をたくさん知っていても、何かをたくさん知っていても、月の世界のことまで知っていても、穏やか(冷静)さに関しては、何も向上しません。文字を知らなかった時代の人に敵いません。

だから、子供を外国へ留学させるお金がないこと、あるいはその類の話は、あまり心配しないでください。初めから、人間は涅槃へ行くために生まれて来たと、子に正しく理解させてしまう努力をし、そしてそれに最善を尽くします。

何をするにも、稼ぐことでも、妻子を持つこと、名誉を得ること、何をするにも、涅槃へ行くいことと矛盾しないようにします。それらの世俗的な縁を得なければ、みなさんはきっと涅槃へ行くことができます。

だから心配は要りません。人間が得るべき最高のものが得られないと、心配する必要はありません。現代人は何かをたくさん手に入れようとしています。そうしても構いません。しかしそれは能力を見せること、あるいは能力を鍛えることと捉えてください。

一千万お金が欲しかったら、凧の尾のように長い学位が欲しかったら、能力を見せるために、涅槃へ行くために内面を鍛えます。一千万のお金で手に入るもの、あるいは凧の尾のように長い学位は、ゴミや埃の滓、あるいは水に浮いている塵芥だからです。何を手に入れたところで、どれもこれも水に浮いているゴミです。

本当に善いものは、涅槃を得ることです。その人は迷いません。その人はそれらの道具で能力を鍛えます。小さな子供の時から勉強ができ、試験に合格し、何を求めても手に入ります。たくさん手に入れたら、それらすべては水に浮いているゴミなので、俺、俺の、と執着するべきではないと悟ります。そう悟ることでたちまち涅槃に達すこともあります。これらは重りではなく援けになるものです。しかし適度にするより難しいです。

 だから何でも、適度を越えて望みすぎないでください。知識でも、名誉や名声でも何でも、眠れなくなるほど望まないでください。正しく行動していれば、向こうからやって来ます。正しい形でちょうど良いだけ来ます。ちょうど良ければ快適そのものです。適度という原則を良く憶えておいてください。仏教の基本です。何でも適度適量です。

 滅苦へ向かう人は「ウパパキッチョー」、つまり適量の、適度な、ふさわしい仕事がなければなりません。中道と呼ぶ、多くもなく少なくもなく、ちょうど良い行動です。この多い少ないというのは、人々が使うような計器では測りません。

非常に賢い人なら、何でもたくさんできます。以前に譬えたことがあるように、賢い人は百か所の精米を同時にできます。その分野に賢い人には、何も大変なことはありません。賢くない人は、半分の精米もできません。だから適量に、自分の知性や考える能力にふさわしいだけにしてください。

 それには差があります。ある人は半分しかできませんが、ある人は何か所も、十か所、百か所でもできます。これを適量と言います。知的能力、体力気力にちょうど良いことです。そうすれば快適に歩けます。いずれにしても、少ない方が快適で便利です。だから必要なだけにします。

「マッタンユター チャ パットゥサム」、適量を適宜に食べるというのは、仏教の教えです。適量、適宜に食べ物を求めるので、餓死する問題はありません。善人にさせる物がないという問題はありません。妻子と一緒にこのように理解し合えれば、家族には平安があります。家庭の中にいずれかのレベルの涅槃があるからです。そうでなければ、何らかの苦に耐えなければならない人であり、生まれてきたことが非常に憐れな輪廻です。

だから後方、子と妻について、段階的に異なる状態を、最も愚かなレベルから、少しずつ少しずつ賢くなって、最高に賢いレベルまで理解してください。そうすればこの問題はなくなります。彼らは「明るく輝く方角」と呼んでいます。パーリ語でそう言います。

「この方角は私にとって光が現れる方角」。パーリ語の中にこういう言葉があります。彼らはその方角を正しく理解し、行動しているからです。「真っ暗な方角」は、それに対して正しい十分な理解がないという意味で、真っ暗です。真っ暗な方角と明るい方角と言います。

方向(ディッサ)という言葉は、言語的には明るいという意味ですが、それをわざわざ暗くしてしまいます。愚かだからです。両親の前方は、お話したように明るいです。後方もこのように明るいです。

 

次の方角は右で、先生です。監督者、指導者など、この方角に入る人はこの方角に含めなければなりません。現代社会では、雇用主もこの方向に入れるべきです。仕事面での指導者であり、生活の一部だからです。良い雇用主、良い監督者は、良い指導者という意味だからです。

タイ語の先生(クルーバーチャン)という言葉は、元のパーリ語の意味から、大きく変化してしまいました。グルという言葉の元の意味は、精神的な指導者(spiritual guide )です。パーリ語サンスクリット語の辞書を調べてみると、spiritual の面の案内人で、アーチャンは社会で暮らすための行儀作法を教え、訓練する人という意味です。訓練する人という意味だけです。

インドの古語であるウパジャーヤは、職業を教える先生です。どんな職業でも、現在あるようなどんな種類の職業でも、教える人をウパチャヤーヤと呼びました。乗馬や乗象や音楽などを教えることでも、その教科のウパチャヤーヤと呼びました。

出家者の言葉として仏教で使い、つまり出家者(サマナ)の職業を教えることをサージヴァと呼びました。シッカー(学ぶ人)とサーチーバです。サージヴァとはサマナの仕事、修行者の職業という意味です。

ウパチャヤーヤは職業を教える人。ウパジャーヤとは、注目しなければならない人という意味です。近づいて、どんな風にしているか注目して見て、そして真似ます。あるいは、その人がこうしなさいと教えることに注目します。そしてその通りにしなければいけません。

タイ語になって、意味がすっかり変わってしまいました。ウパジャーヤ(普通の意味は和尚)とは、祈祷して人を僧にする人という意味です。元の意味は一般的な意味で、出家して僧になること以外にも、どんな職業にも使えたと知りません。

ウパジャーヤとクル−バーチャーンは元々意味が違うところに、その上それが変化してややこしくなったのは、こういう理由かもしれません。そして最後に、グルは雇われて勉強を教えるだけになりました。こういうのは困ったものです。非常に愚かな社会です。

グルは、元の意味のように精神的な指導者でなければなりません。アーチャンは同じように真似るよう教える人で、ウパチャヤーヤは、身体的な意味で暮らしていけるように職業科を教える人です。要するに生きていくために、進歩発展するために、人生の基礎を作る人です。

知性の拠り所と呼ぶなら、初歩の段階です。クルーバーチャンとウパチャヤーヤは、初歩の拠り所です。生まれたばかりの体のレベルから、高い精神に導くサマナ、バラモンの最高レベルまでありますが、今私は右側、家庭に関わる先生について話しています。だからこの言葉は、この世で生き始めたばかりの時に、光を与える指導者という意味で見ています。

みなさんを指揮監督する人がいたら、その人の方が賢いので、その方面、その問題にみなさんを導く、その問題の指導者と捉えなければなりません。みなさんに雇用主がいたら、進んでその人に従ってください。それを世俗の指導者と言って、いろんな種類があり、そこに意味があります。これらは右側に分類されます。 

右側は、パーリ語では重要と見なされ、左側より重要です。つまり左よりたくさん、あるいは深く配慮しなければなりません。だから敬意を表すとき、プラタクシン(右遶。右肩を仏像に向け、時計回りに仏像を回ること)などは右肩を仏像に向けて右回りするように、右肩を尊敬する人の方へ向けます。

立って目上の人の目の前を通る時は、右側を目上の人に向けなければならず、仏像のそばに座る時は、自分の右肩をブッダの方にしなければ、尊敬するとは言えないという習慣が生まれました。だから下方の部下たちは、いつでも左側に座らなければなりません。

こういうのを、右という言葉、あるいは右側が重要である風俗で正しいと言います。正しいという意味、美しいという意味です。だから右側であるいろいろな用事は、善い仕事になります。左側の用事は反対と見なします。右は差し上げる良いもの、崇拝するものの代名詞だからです。

タクシナターンなどは右を意味します。必ず右手で上げなければいけません。右手でしなければ良いことになりません。だから右方向はその意味で重要です。

人間は生まれて目を開けた時から指導者が必要と言うなら、両親は初めての先生であり、生涯にわたって先生です。学校の先生、大学の先生、お寺の先生などは、両親ができない部分、あるいはする機会がない部分の義務をするので、前方に次ぐ右側にします。だから先生たちを敬うことを大切なこと、吉祥であり、もっとも吉祥なものとと見なします。そして老人や年寄りもそこに含めます。

 年寄りは先に生まれたので、いろんなことを知っていて、いろんなことを見ているので、誰でも先生の所にします。だから年寄りを敬わなければならない、というところまで範囲を広げます。年寄りを敬うことと、両親を敬うこと、先生を敬うことは同じです。

しょっちゅう言っているように、年寄りを敬うことは、タイの昔の文化では非常に厳しく守られていました。年寄りに会ったら必ず合掌をしなければなりません。たとえバカみたいな人でも合掌しなければなりません。道ですれ違う時に年寄りを見たら、手を上げて合掌し、その人がたとえバカでも敬意を表さなければなりません。

その人の「馬鹿」を拝むのではありません。先に生まれたこと、世界を良く知っていることの象徴を敬います。国旗を象徴として拝むのと同じです。あれは、安物の布切れを拝むのではなく、国という意味で拝みます。

私が子供の頃は、道ですれ違う年寄りは、バカでも合掌して拝みました。みんなその人がバカなのは知っていましたが、先生がそうしなさいと言うので、拝まない訳にはいきません。合掌しなければ叩かれますから。

その年寄りがどんな人でも、年寄りということにします。それが私たちの心を礼儀正しくしとやかにします。傲慢で意地っ張りでなくなります。それはとても良い習性で、心に素晴らしい何かがあります。傲慢で意地っ張りになりません。

「ラッタンユー」という言葉を思い出してください。長い時間を知る人という意味で、つまり先に生まれた人のことです。相手の方が何でも先にできました。今は、「俺はお前より先にご飯を食べた。俺はお前より先に母乳を飲んだ」等々の言葉があります。向こうの方が先に生まれたので、何かを良く知っているという意味です。

少なくとも、ご飯の味、乳の味をその子より知っています。だからその人の方が、みなさんより先に、たくさん知っています。ラッタンユーは、普通はたくさんのことを見ているので、当然役に立つことを何か言います。バカみたいな人は例外です。 

ここで自然を根拠にします。この犬は他の犬より年を取っています。他の犬より年寄りなので、この方が賢いです。もう一匹は生まれたばかりなので、いろんなことを何も知らないバカです。しかし、誰も教える先生はいませんが、自然に教えられて、少しずつ賢くなります。これが長く生きることの結果、ラッタンユーです。

  生まれつき、あるいは業の結果である賢さやバカは、どうでも構いません。しかし年をとることは、常に知ることが増えることです。伝承し、真似するので、初めはできなったことも、そのうちにできるようになります。先に生まれたのを真似るからです。だから伝承します。

犬にとって蛇を噛み殺す学習は簡単ではありません。初めの犬が上手にできれば、後の犬もできるようになるので、危険ではありません。だから蛇を噛み殺せます。それが先に生まれた結果、世界を長く知っている結果です。

だから年を取っている人は、たとえバカな人でも、何かしらの、何らかの面の先生と捉えなければなりません。その人が自分の経験を話せば、いつでも聞く人の利益になります。だから先に生まれた人、あるいは年寄りを軽蔑しないでください。

三つのうちのどれかで敬われる人です。つまり年の功、生まれの良さ、知識や能力に優れていることです。先に生まれたことでみなさんより優れている、つまり年の功か、血統がみなさんより優れているか、能力がみなさんより優れていること、それが右側です。何かを自分より良く知っている人で、指導的立場にある人を、右側と言います。つねに右側にいて、何かをするには右手でします。

現代社会は右側が消えつつあります。世界中の先生は、給料をもらって勉強を教える人、子供の遊び相手にされてしまいました。今の子供たちが先生を右側と見るよう、しつけることができれば、世界全体は今の状態より善くなります。はっきり言えば、ヒッピーはこの世に生まれません。

先生の言うことを聞かない、親の言うことを聞かない、年寄りの言うことを聞かない、孝行をしない、枠外の文化が在るなら、右側を捨て、右側を真っ暗闇にした世界の人間の罪です。

ナヴァカワーダにある、先生に対してどう振舞うかということについては、お話しません。時間の無駄だからです。自分で読んで、自分で考えてください。そして厳格に実践してください。結果は、私が今話しているようになります。それにみなさんは、仏像の前で読経する時に唱えています。ナヴァカワーダを唱えています。

みなさんにとって、右側はなくてはならないものと捉えてください。そうすれば生涯輝いています。生まれてから死ぬまで、明るく輝いている右側がなければなりません。生涯正しい行いをして、楽しく暮らせます。右側は、初期の知性の拠り所を意味します。人生の良い基礎を作り、そして最終目標、つまり涅槃へ向かって発展していくための、正しく良いスタートです。先生は最終的な目標、つまり最後には涅槃へ行くための初期の精神的指導者です。これが先生の話です。涅槃と、このような関係があります。

「いろは」を教えるのは、賢い知性を身につけるための基礎と捉えます。文字を知れば文字を知らないより賢くなるので、文字を教えます。そして他の賢さを訓練して増やし、それを涅槃へ行くために正しく使います。輪廻に溺れていてはいけません。

輪廻に溺れていなければならないなら、苦の海の中に賢さを生じさせてください。そうすれば生涯苦の海に埋もれ続けることはありません。最初から賢くなって行く知性があるので、いつまでも愚かでないからです。相も変わらず愚かでなく、だんだん賢くなります。

 

次は左側、親戚と友達です。ここで言う左とは、右の反対という意味ではありません。右に次いで重要という意味です。別の意味で左と言えば、右の反対という意味で、間違いという意味もあります。その意味は採用しません。私は、右と一対という意味を採ります。

右手は左手より器用です。左手は右手の補佐で子分です。右と左の両方があれば、何でも良くできます。人は生まれた時右手と左手があります。右手と左手は役目が違うので、両手を合わせれば完璧です。だから正しく実践しなければなりません。

中には右手の代わりに左手を使う人がいますが、その人は左手を右手と見なすと付け加えなければなりません。左手で文字を書く人は、文字を書く手を右手と思ってください。左利きの人は、左手を右手と見なしてください。左−右という言葉の意味を混乱しないでください。

右側とは南のこと、左側とは北のことで、正反対です。これは話す言葉です。だから北は南より下に見られます。昔のタイ人は南のことを「寝る時の頭の方角」と言いました。ラームカムヘン王の碑文の中に「寝る時の頭の方向」とあるのは、南を意味します。それで人々は南に頭を向けて寝ます。まじないか何かでしょう。

昔の人は南の方角を重視しました。寝るとき頭を南に向ければ吉祥です。寝るとき頭を西に向けて寝ると不吉、凶です。これは呪術です。科学的にはどうかは知りません。しかしタンマでは、宗教的には、先生は南に、寝る時の頭の方角にいると言います。だから南側に頭を向けて寝るのは正しいのです。つまり、先生の方向を踏みつけてしまったと気分が悪くなることはありません。寝る時もきっと気分良くできます。

左は右を助ける方角です。そういうことにしてください。どれくらい安定が増すかは感じ方次第ですが、左は右を補佐するためにあります。つまり親戚と友達です。拠り所という点で見れば、身近な拠り所です。人は身近に親戚と友達がいるので、社会的な拠り所になります。つまりたくさんの人と協力し合えば、困難なことも簡単に、重いものも軽くなります。

「親戚」とは、「あの人は親戚だから、親戚に対する義務に責任を持たなければならない」と、いつでも心で受け入れている人という意味です。親戚という言葉は「知っている」という意味で、承知していなければならない、内心で数に入れていなければならない、という意味です。

友達は愛している人です。友(ミッタ)とは愛という意味です。しかし五欲の面ではありません。ミッタ、ミトラ、いずれも愛という意味で、純粋な愛です。お互いに助け合い、利益になる人なので、愛情で受け入れなければならない人です。

親交という言葉を使いますが、親交とは定期的に関わるという意味で、社会的な安定した力になります。たとえば村や集落などが、親戚や友達のように愛し合えば、敵が力をつけても何もできません。簡単に発展します。このように社会的な拠り所です。だから良い方法で、つまりみんなで愛し合うことで敵をやっつけてしまいます。

間違えば、血を分けた兄弟も敵になり、あるいは仲違いします。このように重大です。後を追って這って来たと言われる血を分けた兄弟も、この方向を間違えば敵になることがあります。身近にいるので非常に危険な敵です。だから慈しみの心を広げるように教えれば、敵はいません。ブッダはそう教えました。

私たちは自分の心を、誰も敵がないように染めなければなりません。自分を殺しに来た人も、敵と捉えず、善を行うよう努め、悪に勝ちます。

鋸喩経(カカチューパマ経)に手本になる話があります。私が時々お話しているブッダの言葉は、これを根拠にしています。友達と見なすことで、世界中の誰も敵でなくします。盗賊が現れてみなさんを縛りあげ、鋸で切るという話で、カカチャとは鋸のことです。

鋸で皮膚を切っても、盗賊たちを邪悪だと考えません。もし邪悪と考えるなら教祖の人(弟子というような意味)ではありません。鋸が肉を切っても、彼らは邪悪ではなく、鋸が骨に達しても、邪悪ではなく、鋸が骨髄まで達しても邪悪ではありません。こういうのが教祖の人であり、敵がないと言います。パーリ経典でカカチューパマ経(鋸喩経)と言って、マッチマニカーヤ(中部)の中にあります。敵は無いという論点で捉えています。

死んでしまっても敵はいません。誰も敵だと考えないからです。そして敵を友達にするいろんな方法があります。どうしたら善で悪に勝てるか、自分で考えてみてください。それは、いつでも慈愛の心を持ち続けることです。死ぬなら慈愛の心で死んでいきます。だから敵はいません。自分自身ではそう言えます。

外部の人たちは、この人が殺したから、この人は敵に違いないと言いますが、死んだ人は誰も敵と思いません。すべての生き物に対して、善意があるからです。慈経を唱える時にも、かならずこのように考察します。敵になる人など誰もいません。

敵を友達にするコツも方便もあります。初めに慈愛の心を起こし、それから慈愛の心でその人に接します。これが犯人をブッダの人、教祖の人と見なして、敵を敵でなくします。

キリスト教には、左の頬を叩かれたら、右の頬も出しなさい、泥棒が服を盗んだら、コートも持たせてやりなさいとあり、ブッダは鋸で切られても怒ってはいけないと言っています。これは世界中のすべての敵を友達にするためです。お化けも天人も、虎やライオンも、猛獣も、畜生類も、その人の心の中では、みんな友達です。だから殺害や銃撃などということは起こり得ません。

慈愛を含んだ目で見るという意味です。水と乳のように融け合うというのは、パーリ語の慣用句で、敵のない友情の世界のことです。今は敵同士の世界で、ラジオでやかましく罵り合っています。誰が誰か知りませんが、どちらも悪人なので、敵同士の世界、復讐の世界、恐怖の世界です。慈愛の心があれば、すべてが友達になるので、温かい世界です。

友情を生じさせる友達に対する義務も、パーリ語のある経典に、「どんな形であれ、自分より優れたものには敬意を表し、同等ならば親しさを表し、劣るれば慈愛と憐れみを表す」とあります。自分を基準にすれば、劣るか、同等か、あるいは優れています。

自分より劣る人も、自分自身があります。そして劣る人、同等の人、優れている人とは、世俗的な意味の規定です。なぜならカンマがカンマの威力で、いろんな世界の生き物に仕分けするので、「低い、同じ、高い」が生まれます。

カンマ、その人の行為が、その人を自分より高い身分にしているなら、どんな理由であれ、年上でも、生まれが良くても、何が優れていても、能力的に優れていても、何であれ優れていると言い、同等なら同等と言い、自分より劣っていれば、劣っていると言います。見下したり軽蔑したりする余地はありません。他人を見下す心のある人は、ブッダの言葉どおりに行動しない畜生です。

上の人は尊重し、同等の人には親しさを表し、下の人に慈愛と憐れみを見せれば、どこでも見下し軽蔑できません。僧も寺男や沙彌や、自分より劣る人を見下す機会はありません。だからパーリ語でブッダの言葉の形の、この仏教の教えを持ってください。あるいはブッダ以前からのものだとしても、私は、ブッダはこの教えを推奨したと見なします。

ほとんどの人は、「自分より優れている人は尊重し」と言っても、敬意を表していません。ライバル視して、手や足を払い、相手の評価を落とそうとします。これでは友情は生まれません。同等でも下に突き落としたいと思います。妬みや嫉妬です。自分より劣る相手に対しては、イジメっ子になり、あらゆることで軽蔑侮辱します。

だから、この世には、軽蔑して踏みにじり虐げるべき人など誰もいないと、どうか改めてください。優れていれば尊敬し、同等なら親しくし、劣っていれば慈悲を広げます。それしかありません。これですべての敵を友達にすることができます。時には、こちらが尊敬を表したから逆にいじめられたという、考えの狭い人の小さな問題はあります。これは、どちらもどうしようもありません。ロクでもないことだらけの時代、社会です。

指導者、監督者のレベルの人もどうしようもないので、部下たちは苦労をします。尊敬すればするほど苦労します。そして尊敬するべきものが何一つないので、尊敬できないから大問題になります。

こういう問題は、そう考えないでください。少なくてもその人は、運よくその任務を任された監督者なので、その点を尊重することにしましょう。しかし、その人の命令にしたがって悪事をしなければならないという意味ではありません。

尊重という言葉は、頭を下げたら何でも従わなければならない、あるいは一緒にしなければならないという意味ではありません。尊重するとは、筋の通った正しい方法で関心を寄せるという意味で、尊重支援と言います。私は犬を尊重する、というのは、自分は人間として犬にどう接すべきか、ということに正しい関心を持つという意味です。それを尊重支援すると言います。

どんな点でも自分より優れていたら尊重します。そうすることで、その人の性質を変えられるかもしれません。競い合えば、ロクデナシとロクデナシのいがみ合いになります。同等なら親しみを示す、ですが、これは自堕落に暮らすためではありません。お互いに正しく振舞って、仲良くしなければなりません。もし劣るなら、慈悲をかけ、見下してはいけません。相手の身になって考えます。

話はこれだけです。社会、つまり世界中の、友達にならなければならない人に対する行動は、左側です。右側より下でも、右側より広くて、私たちの身の周りです。ブッダが教える教えどおりに行動すれば、北、あるいは左側には光が見え、良家の子息にとって平坦であることは疑うまでもありません。

これが右側と左側です。この二つの方向は反対にではなく、このように行動しなければなりません。 

                                                     


ホームページへ