プッタタート・偉大な人の普通の人生

   

 一九〇六年五月二七日、日曜日、暑季の終わりに近い雨の日、チャイヤー県(後にスラータニー県となり、その後バーンドーン県チャイヤー郡となる)プムリエンの商業地区にある商家で、夫シエン・パーニットと妻クルァンは家の跡取りである長男を授かった。その時の赤子はまだ正式な名前はなく、たぶんヌイかヒートと愛称で呼んでいたと思われる。(その地方の言葉で、ヌイは豊穣、つまり丸々している、ヒートはチビという意味である) 。

 四歳の時サムニミット寺のサムコン和尚が、総領息子という意味の「グアム」と命名し、「この子が無病息災で、親戚や友人に囲まれ、末永く宗教の方面に発展するよう」と祝福した。

                                                                   

                        

総領息子

 生家は普通の家で、父の職業は商人と言っても、暮らし向きはかなり良かった。しかし田舎での良いレベルだったが。

 子供の頃は活発で遊び好きで、蟹や魚を獲ったり、海へ行ったり、闘魚を飼って繁殖させるのが好きだった。兄弟喧嘩をすると母親に鞭で打たれることもあった。当時としては当たり前である。(弟はジークーイ・パーニット、あるいはタンマタート、そして妹はキムソーイ・メクン)

 母親は家事が上手で、家計の切り盛りに長けていた。少年は幼い頃から母の傍で家事の手伝いをしたので、緻密で、周到で、観察好きで、そして非常に始末な母親の性格を受け継いだ。「たとえば倹約では、ココナツミルクを絞る時、普通の人は二回搾るが、私の家では必ず三回搾った。

 二回目の滓を細かく搗いてもう一度搾ると、ココナツミルクがまだいっぱい取れた。ほとんどの人は面倒だから二回搾って捨ててしまうが、家ではそれを搗いて搗いて搾ると、水はまだ真っ白になる。それから四回目を搾る。それくらい倹約していた」とプッタタート師は語っている。

 父親は商才に長けていただけでなく、大工仕事も得意で、ボランティアの舟大工に名を連ねている。また語学や詩歌などに興味があった父からの影響も受けている。

 

                       寺の子としての少年時代    

 八歳になると、両親は昔式の初等教育を受けさせるためにプムリエン寺に預けた。つまりグアム少年は寺で生活しながら三年間、読み書きの勉強をし、十一歳でポーティピッタヤコン学校(ヌア寺、またはポータラーム寺)の中等部に入った。中学校の教諭と校長の手帳には、グアム少年に関して次のような記述が残っている。

1.仕事が早く、非常に努力家である。

2.友達をいじめたことがない。補修授業を受けさせられたことがない。

3.記憶力が良く、現実的な事を好む。

4.知恵は通常の人並み。

 当初の性格や学習態度について「常に勤勉で無為にすごすことなく、態度は堂々としている。何かをする時には友達に声を掛ける。行儀は良い。仕事はきれいにする」とある。

 

                          中学生時代

 中学二年の時、チャイヤーに二軒目の店を出した父の仕事を手伝うために、サーラピーウティット学校に転校した。店が二軒になってから、チャイヤーとプムリエンの間を、荷物を積んだ荷車で「愉しく」往復するのが少年の仕事になった。

 しかし勉強については「勉強ができると考えたことはないが、いつも試験はパスして、一度も落第したことはない。しかし勉強はあまり愉しくなかった。行ったばかりの頃は家のことばかり考えて、昼休みにもならないうちに家のことを考え、まるで両親と遠く離れてしまったように寂しかった。勉強は愉しくはなかった。何とか試験を通ったという程度だった」と述懐している。

 

                          店の支配人に

 中学を卒業すると、父が卒中で死亡し(一九二二年)たので、チャイヤーの店を畳んで、プムリエン一つにした。家の大黒柱を失い、母はすでに高齢であり、弟妹はまだ学業途中なので、当時のグアム少年は、自分は店のことをすべて取り仕切る支配人のようだと感じた。

 

                         若いタンマヤクザ

 バンコクにいる伯父バイティカーシエン パーニットが仏教の本や、良い本を送ってくれた影響と、店にも売り物の本があったので、その後の少年は仏教書の読書に熱中し、ナックタム(僧試験)三級、二級、一級の勉強までしていた。

 若さゆえ、少年は商人であると同時に、非常に弁の立つタンマヤクザ(論客という意味であろう)になり、タンマヤクザの先輩や大先輩と渡り合えるほどで、店の前を公務員が通ると、いつでもグアム少年とタンマの応酬が始まり、職場に戻るまで一時間は掛かると言われた。

 

                         三月のはずの出家

 昔からの習慣で、母と親戚たちは息子が出家することを望んだ。「出家しなさい、出家するべきだというのが全員一致の意見だった。しかしその強い期待を良く知ってはいたが、一度も指示されたことも、頼まれたこともなかった。

 自分自身の考えとしては、出家してもいいし、しなくてもいいという気持だった。約束では三ヶ月間出家させるというはずだった。当時の若者は、出家できる年齢になるとほとんどの人が出家した」。

 一九二六年七月二九日、雨安宕の前に、グアム青年はソーポーナジャーシカーラームを戒師とし、ウボン寺あるいはノーク寺の本堂で出家式を滞りなく済ませ、それからプムリエンのマイ寺に移った。祖母の弟がそこの住職であったので、偉大な智慧者という意味の「インタパンヨー」という戒名を授かった。

 

                        愉しくて還俗するのを忘れる

 出家して何日も経たないうちに、故郷プムリエンでは、プラ・グアムは説教が上手で、他の寺の人々も聞くために押し寄せて来て、集会所が満員になることもある、という噂が広まった。

 ナックタムの学校で教わった本生経や他の良い題材の説明を、それまでの説教は経典を読むような説法から、現代的に改革し、聞いて楽しく役に立つように話したので、話す本人も在家のご飯で勉強していることが徒労ではない、在家の人々の役に立っていると感じて気分が良かった。

 もう一つ愉しいこと、それは人生で初めて新聞の形態の読み物を書いたことだ。プラグアムは、夕方の読経の前にフールスキャップ判(タブロイド紙くらい)の紙三枚六面の読み物を作った。当初の内容は、ただ友達が楽しく読んでリラックスしてもらうために書いただけで、他には何も考えてはいなかった。読経が済むと友達に渡してみんなで読み、それから友達が笑うのを聞きながら眠った。

 毎日気楽に書いていたユーモア新聞は、プムリエンの田舎の寺で生まれた、師の初めての新聞と言うことができる。書くことがなくなると、僧衣の効率の良い洗い方や金箔細工の仕方などを、他の新聞から書き写したと、師は語っている。二年間そのようにして、三年目には仕事が忙しくなったので止めている。その当時の生活は他にも愉しいことがたくさんあり、還俗するのを忘れるほど愉しかったと述懐している。

 

                      クルンテープ(バンコク)へ

「人生で何をしたいと考えているか」と問われて、「人々のために最も役立つ生き方をしたいと思います」とプラ・グアムが答えると、質問者である僧学校の教師は、それなら還俗するべきではないとアドバイスした。俗人の生活は家庭生活に忙殺されて、十分奉仕することができないからで、その時弟が学業を中退して家に戻り、稼業を担っていたので、家の心配はなかった。

 二年目に入ってナックタム二級に合格した後、一九二八年、パーリ語を勉強するためにクルンテープへ行く決心をし、パトゥムコンカー寺に宿泊して二ヶ月、寺の僧たちの規律の乱れを見て嫌気が差し、還俗するのでプムリエンに帰らせてくださいと申し出た。

 その時雨季に入る数日前だったので、雨季が終わるまで待つよう忠告する人があった。しかしプラ・グアムは雨季が終わっても、還俗しなかった。チャイヤーのマハータート寺のナックタム学校に教師の仕事があり、再び僧生活が愉しくなった。

「教師の仕事は愉しかった。一人で二クラスを教えたが、全員ナックタム(僧試験)に合格したと言っても良い。一人試験に落ちた僧がいたが、原因が受験票の紛失だったことが分かった途端、教師としての評判が急に上がった。新しいことなので面白かった。

 そして何とかなるという自信もでてきた。それまでのような教え方でなく、愉しく勉強できるよう工夫し、興味深い話し方を工夫したり、問題をクイズのように競って賞を設けたりしたので、学生たちも愉しく勉強でき、全員試験に合格した」

 

                         再びクルンテープへ

 沙弥たちの振る舞いがどうあろうと気にせず、パーリ語の勉強に専念しようと決意して、再びクルンテープに上京したが、何日も勉強しないうちに、授業の進度が遅いのと、考える自由がないのとで嫌になって、パトゥムコンカー寺のマハークラン・ピヤタッシー師に直接習うようにし、一九三〇年末、希望どおりパーリ語試験文章三に合格した。

                                                      

 

                           試験に落ちる

 智者の性質で、習っている教科書、つまりアッタカターの勉強から、広く探求を試み、直接三蔵を学び始めると、今している勉強は、考えて復習し、分析して考えることなく、テキストに執着しすぎていることが分かり、自分のや方針で勉強しても受け入れられないので、仕方なく勉強をしたが、その結果、プラ・マハー・グアムは、パーリ語試験文章四の試験に落ちてしまった。

 阿羅漢の足跡を追う道を歩むために、プムリエンに帰郷するに先立って、弟タンマタート氏に書いた手紙の一文がある。

「結局クルンテープは、純潔を求める所ではないと確信した。名誉や出世のために三蔵を学ぶ道に踏み込み、間違った方向へ足を踏み入れたと感じた。もし気づかなかったら、もっと深入りしていたことだろう。そして他の人のように抜け出せなくなったかもしれない。間違った方向へ足を踏み入れたことに気づいたら、どうすれば正しい方向へ進めるかという糸口が見えて来た。

 生まれてからたった今のこの瞬間まで、ずっと世俗を歩き続けて来た。これからは世俗の道は歩くまい。世俗と離れ、純潔を求めて到達した聖人たちの跡を追って、見つけるまで純潔を求めていく。意に反して世俗の道を歩めば、世俗の後を追うことであり、何十万回生まれ変わっても追いつく日はない。もう二度と世俗の後を追うことはしない。世俗に頼るのは体だけで、心はその時純潔に出合うために、世俗から極力自由にする」。

 

                         阿羅漢の跡を追って

 プラマハー・グアム・インタパンヨーは、僧衣三枚と鉢、三蔵の本と手提げランプを持って、寂しい密林の中に在家の人たちが雨風を防ぐために建ててくれた、周囲をトタンで囲んで片流しの屋根をつけただけの小屋に住んだ。それがトラパンチック寺という名の荒れ寺である。

 辺り一面はモークの木(夾竹桃科の木)とパラーの木が密生していた。それがスアンモークパラーラームという名の由来である。タンマの方の意味では、解脱する力になる森という意味である。

 ブッダの時代のそのもののような生活だったことが、師が次のように述べているような誤解を招くことになった。

「托鉢に出ると、『気違い坊主が来た、気違い坊主が来た』と言いながら子供が後からついて来て、恐ろしい中にも危険を冒したいのか、みんなで横へ走り出て来た。一人で住んで、一人で托鉢していたので、子供たちは変に思ったのだろう。ある時期、入り口のドアに鍵をかけておき、人が来ると大声で呼ぶ時もあったし、悪戯に『来訪お断り。どうぞお帰りください』という類のことを書いたことがあったからかも知れない」

 たった二ヶ月あまりブッダに倣った生活をしただけで、自分の進む道に確信が得られたので、その時から、「私はブッダの奉公人であり、ブッダは私の主人。だから私の名前はプッタタートです」という経文から取った「プッタタート」という名前を使い始めた。

 

                      タイで最初の仏教新聞

 師の重要な業績の一つは、仏教の正しい理解と実践を振興するために、広めたことである。母が寄付した父の遺産である六三七八バーツを「パーニット家」の元手にして、利子をスアンモークのタンマの振興のために使い、弟タンマタートが編集長で、季刊の仏教新聞を発行した。

 一九三三年五月、佛教新聞(形態は雑誌)の第一号が発行された。記事のすべてはプッタタート師が書いたもので、インタパンヨー、プッタタート、サンカセーナー、シリワヤート、など、様々なペンネームを使い分けた。この第一号は評判が良く、ニ回重版されている。

 内容は、三蔵のタイ語訳、修行の振興、タイと世界の仏教ニュースと批評など、その他一般と三部に分かれていた。 

 「仏教」新聞の発行によって、スアンモーク寺とプッタタートの名は、次第に知れ渡っていった。 

 

                             実験を実験台にする

 翌一九三四年の雨季は、自分を非常に厳しく鍛える時で、実験的修行の結果を省みて詳細に研究するために、不撓不屈の精神が無ければ成し得ない、いろんな修行を試みて、「ブッダに倣って毎日修行する」記録を記している。

 たとえばうっかり蚊を打ったり殺したりしてしまった時は、藪の中で二十分以上、数百匹の蚊に自分の体を刺させ、怠慢は明け方まで座ることで解消し、空腹を感じたら、空腹感が消えるまで庭を掃き、不味いと感じたら、感じなくなるまで、あるいはそれに満足するまで食べた。

 プムリエンのスアンモークの日々は、真実ブッダの足跡を追って解脱を追及する決意である命に生まれることの、自然に還ることだった。この確かな実験的実践により、次のように納得するに至った。

「今後は心の方針を、本当の幸福だけに向きを変えようと思う。つまりすべてを手放し、常に爽やかで瑞々しい心であるようにする。語るのはこの幸福だけ。二度と何かが心を支配するを許さない。私の人生のすべてを賭けてこの幸福を目指し、そしてこの幸福だけを広めて行く。仏教の中にこれ以上のものはない」

 

                 ターンナムラーイの寺、スアンモークパラーラーム

「スアンモークパラーラームという名の地元の店がある。買い物にお金はいらない。商品は「タンマコート(タンマの啓蒙)」。すべての階層、すべての年齢、すべての性の人のための、種類は百貨店より多い」

 一九四四年、スアンモーク寺はプッタトーン山のターンナムラーイの辺りに移転した。面積は四九万六千平方メートル(約十五万坪)。ブッダの時代のサンガの教えに従って、快適な緑陰の寺にした。沙弥の暮しから宗教的な仕事まで、すべて可能な限り自然と簡素を強調している。

 プッタタート師は常々、ブッダは大地の中で生まれ、大地の上で大悟し、大地の中で涅槃に入ったので、大地は神聖であると言っている。

 スアンモーク寺は次第に大きく育っていった。プッタタート師にサンドーサ(知足。人と群れないこと)の生き方をしようという考えが生まれた時も、師は、その方が利益が少ない、俗人の利益は、集団と接触して生きるより少ないと見た。

 

                      タンマで時代をリードする

 本を書くことと、説教をすること以外に、師はスアンモークをタンマの学習と実践の場にした。寺には数々の石、数々の樹木、鶏、魚、犬、猫、あるいは芋虫のような小さな生き物などが自然の教師として存在し、スアンモークの様々なものを創造し、タンマの問題を提示している。

 

【石の広場】 いろんな儀式を行うために石で作られた。戒という言葉は石という語句に由来していることを人々が見て思い出すよう、タンマの面の意味がある形なっている。戒はタンマの実践の重要な基礎であり、あるいは信仰心の解釈を、タンマの実践への信仰心は、石のように固いという意味にした。

【精神の娯楽館】 タンマのなぞの意味がある各国の絵を展示している、スアンモーク独特の建物。建物の外壁には「タンマの目を配る」という題の大きな絵があり、内部の壁や柱には、タイや禅の、タンマを伝える絵や、チベットの縁起、つまり人の苦の発生から消滅までを描いた絵などがある。

【プッタトーン山の本堂】 スアンモーク寺の本堂は自然の本堂であり、木々の枝の先端が本堂の竜頭で、木々の幹が壁で、空を屋根に見立てている。しかしこの本堂も、伝統に則って国王から寺院として下賜された土地である。

【ナリケー椰子の池】 次のような歌詞の、南部地方の子守唄。

   いとし子よ ナリケー椰子は 

   蜜蝋の海に一本だけ

   雨が降っても濡れず 雷も届かぬ

   蜜蝋の海の中 行くことが出来るのは 

   徳から抜け出た人だけ

 蜜蝋の海、あるいは輪廻の海に一本だけ立っているナリケー椰子が、涅槃に譬えられている。蜜蝋は、固くて、そして液体にもなるので、徳と罪、善と悪のある輪廻に譬えられ、波のように脆いものである。涅槃は徳や罪を超えているが、それらと一緒にあり、別々に離れてはいない。

 雨も当たらず雷も届かないというのは、そこをアレコレできるものは何もないということ。罪や徳から脱した人だけが涅槃、つまり執着を捨てた場所に至る。

 

                              終章

 「死期が近づいて学んだことは、智慧を完璧にした。病と死と苦について明らかに学び、病気になるたびに、賢くなった」

 一九七三年、石の広場で説教中に倒れ、シリラート病院で入院治療。(一二月)

 一九八四年、心筋梗塞で倒れ、スアンモーク寺で療養。(十月)

 一九九一年、心不全と肺浸潤で倒れ、スアンモーク寺で療養。(十月)

 一九九二年、脳血栓で倒れスアンモーク寺で療養。(二月)

 一九九三年、最後の病、脳内出血で倒れ、スラータニーで治療し、五月二七日に一旦スアンモーク寺に戻り、五月二八日にスアンモーク寺を出て二九日一時五分にシリラート病院へ到着、七月七日まで治療を続けたが、七月八日、スアンモーク寺へ戻って十一時二十分静かに息を引き取った。

 

プッタタート式の葬儀でタンマを宣言する

 プッタタート比丘は葬儀に関した遺書を残していた。「ごく普通にすること。三ヶ月以内に火葬にすること。仕方ない場合も、一年を超えないこと。簡素にすること。プッタトーン山の辺りで火葬式を行わないこと。柱を四本立て、白い布を天上に張るだけで、それ以上のものを設置しないこと。」

 簡素な火葬式は、チャイヤーの市場で買って来た白い布をちょうどよい四角形に縫い上げ、スアンモーク寺内の竹を柱に立てて、質素に、簡略に執り行われた。

 僧となってからの六十七年の生涯は、偉大なる人「プッタタート比丘」の最後の言葉にある。

     私の柩は、タンマを広めることで社会にしてきた善。

     私の墓は、人類の利益のためにしてきたいろんなこと。

     そしてみなさんに、「私の柩は社会にして来た善、私の墓は人類の利益ために協力して来たたくさんの利益になること」という教えを信条にするよう、お勧めします。

 二〇〇五年十月二十日、ユネスコはプッタタート比丘を世界の偉人に認定顕彰した。

  

                copyrightC2006  Sukhapabjai publishing house All Rights Reserved                                       

ホームページへ